人気ブログランキング |

yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

空港ピアノ

2019年6月18日

最近のBS番組の中に「空港ピアノ」の言うのがある。
空港のロビーに置かれた1台のピアノ。世界中から訪れた人々が、思い思いに音を紡いでいく。
どんな曲をどんな思いで弾いたのか。定点カメラが見つめる。

日本にあるのかは不明だが世界の主要都市の空港に置かれているようだ。
ニューヨークだったりミネアポリスだったりロンドンだったりマルタ島だったり・・。
それぞれピアノ演奏に自信のある人・ない人が思い思いに弾いていく。
たぶん番組収録はあるレベルの力量の人を中心に放送していると思うがなかなか興味深い。

番組では演奏者のインタビュー?結果を字幕で紹介している。
その経歴やピアノにかかわった経緯などを短く紹介してくれるのだが、これがそれぞれの人生そのもので涙ものだ。
弾く人はさまざまで旅行中の夫婦、バカンスで訪れた恋人同士、卒業旅行の女学生、空港の職員や売店のおばさん、靴磨きの初老の人・・短いインタビューの中でそれぞれの人生が垣間見えるような気がする。

フライトが終わった操縦士はいつも仕事帰りにピアノをここで弾くのだそうだ。
彼はもともとセルビア人で母国でパイロット免許を取得したが内戦で母国を離れアメリカへ来た。
そこで再度免許を取ったが9.11で失業、やっと2年前に現在の航空会社に再就職。
いつもそばにピアノがあったという。

b0158170_06274378.png
                        写真;webサイトから

靴磨きの黒人男性は数年前まではキャバレーでバンドマンをしていたが失業し今は空港で靴を磨いている。
ピアノはなかなかの腕前。

5歳でアフガニスタンから移住してきた男性。
両親は清掃や建設業などを掛け持ちで働いて兄弟を育てた。
兄が50ドルでボロボロのピアノを買ってくれて14歳から独学でピアノを習った。
今でも楽譜は読めないらしいがリストの難曲ラ・カンパネラを見事に弾いた。
「学生ローンを組んで大学を卒業、親たちは大変な思いをして僕たちをよい仕事に就かせてくれた。
チャンスをくれたアメリカに感謝している。みんな時間を大切にしてよりよい人生を築く努力が必要だと思う」
と彼は言った。

アルコールや薬物依存の治療で各地を転々とした男性。
数年前にミネアポリスの施設に来た。
仕事の人間関係に悩み20代で依存症になり離婚と解雇で依存に拍車がかかった。
1年前に社会復帰し施設で知り合った彼女が心の支えになったという。

ピアノの先生、双子の姉妹、花屋の女主人・・・100人いれば100人の人生がピアノを通じてある。
それにしてもピアノが生活の一部になっている人自由に弾ける人の多さに驚いた。

自分はピアノを弾けない。
心のままにピアノが弾けたらどんないいかと思う。
我々の子供のころはピアノは贅沢品でピアノがある家庭は1クラスに数えるくらいだっただろう。
それが今では多くの家庭にある。
我が家も双子の娘たちが小学校に入るころに買った。
ちょうど物品税が廃止され消費税に移った直後だったので、15%(20%?)くらいあった物品税が3%の消費税で済んでかなり得したことを覚えている。

娘たちも10年くらいは習ったと思うが、今は結婚しピアノは実家に置いて行ったままだ。
たまに帰ってきたとき、ピアノの前に座ることはまずない。
やがて子育てが一段落したら弾いてくれると弾けないお父さんは思う。

ピアノに限らず何でもそうだが生の音にはどんな再生装置でもかなわない。
ハンマーが弦をたたく音はスピーカーのコーンから出る音とは別物だ。
我が家のピアノはいい音がすると調律師が褒めた。
次回も彼に頼もう!

魂の彷徨うがままにピアノが弾けたらどんなに良いかと思う。
かつてギターを少し習った。
禁じられた遊びを卒業しアルハンブラの思い出を少しかじった。
今は全く指が動かない。
でもたまに陶酔するがごとく弦を弾く姿を夢に見ることがある。
どこかに願望の潜在意識があるのかもしれない。

番組では同時に空港ピアノがある都市の紹介もしてくれる。
これがまた素晴らしい。
空港に集う旅行者とともに付近の都市の紹介されるが旅心を大いにくすぐられる。

空港にピアノを置こうと考えたのは誰の発想だろう。
Goodideaだと思う。自分も弾く才能があれば弾いてみたい。

ピアノと英語が話せる人を躊躇なく尊敬してしまう。
習うのが遅かったか!とこの年になって思う。
今からでも出来るかも知れない。でもfightが湧かない。チト情けない。

今はいい時代になった。
父母の時代とは違いやろうとすれば何でもできる。
しかし、平和で安寧の中にいるとハングリー精神が欠如し、チェレンジ精神が起きにくい。
(反骨?精神を蜂起させる)「ストレス」とはもしかしたらプラスイメージの言葉かもしれない。             








by yahhosaito | 2019-06-18 06:41 | Comments(0)
<< ■富士山噴火と南海トラフ 高齢化 >>