人気ブログランキング |

yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2011年 05月 11日 ( 1 )


準備完了

2011年5月11日。

24の季節を持つ美しい国日本。
立春から大寒までそれぞれの季節はそれぞれに美しく、それぞれに想いがあり、その細かく仕切られた季節の節目が来るたびに日本に生まれてよかったと実感する。

しかし、そうはいっても晩秋から初冬にかけての何とも言えない寂寥感と不安感はあまり有難くないものだった。
木々からは色づいた葉っぱがすべて落ち、落ち葉が風に舞う。木々の枝の向こうには凛とした空が広がり、これから来る本格的な寒さを思うと気分が少し滅入ってくる。

第一、冬、布団から出る時の寒さと言ったらない。
暖房をつけて起きるほどのヤワでもないし、かと言って今日の仕事の憂欝さを考えると益々起きるのが億劫になって、ぎりぎりになって意を決して起床する。
そんな生活が、サラリーマン時代の冬の風景にはあった。

ところが、年端もいって会社で怖い人もいなくなり、会社に行くことが楽しくなり、自然の喜びが真に感じられるようになったサラリーマンの後半期、冬も楽しくなった。
冬の終わりのころ、2月に入ってやがて来る春を待ちわび、木々の芽が膨らんで、森や林が白っぽくなてくるこの季節は何とも言えず良いものだ。

b0158170_7423758.jpg

ところが、
その事情がさらに変わってきた。薪ストーブが入ってからだ。
冬への憧れと言ってもいい。

薪ストーブは暖房器具だ。
しかし、暖をとるということなら、エアコンでも石油ファンヒーターでもいい。スイッチ一つで簡単に暖められ便利この上ない。
しかし、薪ストーブは「火を焚くもの」。
つまり焚火だ。家の中での焚火。これが楽しくないはずはない。

ある人は、心身に不調を感じていたが、火の揺らめきを見ていたら治ってしまったとか。
セラピー効果だってある。

赤々と炎が燃える焚火。エアコンと基本的に違うのだ。

エアコンは暖かくはなっても調理はできない。
薪ストーブときたら暖かくなって調理ができてぱちぱちと音がして炎が揺らめいている。
エアコンは部屋の隅の脇役だが、薪ストーブは部屋の真ん中の主役だ。
火を見ながら暮らせる楽しさと安心感。
生きるために必要だった火と水。人類は川のそばに住居を構え、木々を拾い、焚火をした。そんな原始のDNAが埋め込まれている。

火の前で美味しい料理と酒を飲む。
なんと満ち足りた時間か。

冬よ来い。
もう準備は完了だ。薪は集めた。いつでも焚けるぞ。

今は立夏。早くも冬が待ち遠しい。

準備完了でゴザンス!

ところで、
火と水。
何かがある・・・!?

そうだ。
月火水木金土日

月(つき):時間を表す基本
火(ひ) :生きていくための道具と知恵
水(みず):生命を維持する最低必要源
木(き) :栄養の源
金(かね):複数で生きるための道具と知恵
土(つち):生命を育む小宇宙
日(たいよう) :生命を育む大宇宙

みんな大事なとてもとても大事なもの。

by yahhosaito | 2011-05-11 07:43 | 日々 | Comments(0)