yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日々( 516 )


夏も終わり

2018年8月20日。

昨日、町内の夏祭りがあり、無事終わった。
70数名の親子が参加した。

綿菓子、かき氷、フランクフルト、流しそうめん。
4点セットが売りだ。

今回で4回目だが、昨年までは「キャンプファイア」としていたが、今年からは「夏祭り」とした。
子供向けでなく、大人にも参加してほしいから。

今回初めて参加してくれた家族も何組か。
こうして地域の知り合いが増えていくことが嬉しいし、大切だ。
b0158170_05535042.jpg
何かあったとき、頼りのなるのは「ご近所さん」
こういうイベントは知り合ういいきっかけ作りだ。
初めての人にも声かけやすい。

つい、この前までは、連日35度の暑さで、じっとしているのも嫌なくらいこコンディションだったが、ここ、2、3日は急変したように涼しい。
今日(19日)はそれでも日中29度くらいまで上がったが、朝は20度。
半袖では少々寒い。
空気も乾燥していて、さわやかそのもの。

そして今日は、朝この時間(5時半)、24度だ。
最高気温も27度と言っている。
b0158170_05545434.jpg
明日まで涼しく、明後日からは31~32度がしばらく続きそうだ。
でも、季節は確実に秋に向かっている。
23日は処暑。
暑さもここまでと言う日だ。

8月や6日9日15日

15日を過ぎて、今日から下旬。
イベントも終わり、孫たちも帰って、また一区切りした生活が始まる。


[PR]

by yahhosaito | 2018-08-20 05:55 | 日々 | Comments(0)

孫帰る

2018年8月17日。

2週間ぶりに孫たちが帰った。
家じゅうがすっかり静寂になり、久々の27度という気温の低さもあって「寂寥感?」が漂う。

まあ、正直ほっとしたところ7割だが、(いや、8割か!?)今年は下の孫が2.5歳だが、今回はやけになついて、ジジの本領?を発揮した。
膝には乗るは、風呂に一緒に入るは、一発かますギャグには乗ってくるはで、ベストの状態。

まあ、しかし、あと半年だろうなあ・・
上の孫は5歳だが、下手なギャグや冗談には「反撃」をくらう。
いい加減なことは言えない。

それでも逆さ文字、回文などには結構反応を示した。
ウンコドリルは卒業し、教えた「メルシー」「ボンジュール」、「ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ」もマスター?
見込み有る!!
子どもは記憶力抜群だ。昨日何喰ったかを忘れる身としては、実に羨ましい。
b0158170_17260299.jpg
b0158170_17302702.jpg
途中、下の娘も子供を連れてきて、4人が入り乱れての大騒ぎ。
ジジは疲れてババはダウン。
b0158170_17261336.jpg
これは、約2週間の成果物だ。
トイレに貼ってあった。



[PR]

by yahhosaito | 2018-08-17 17:27 | 日々 | Comments(0)

あっという間の10年

2018年8月4日。

このブログを始めてなんと10年が経ってしまった。
始めたのは2008年の7月。

始めようとしたのは親父の田舎、山形でいとこ会があり、その席で父親の話を聞いたのがきっかけだ。

生前親父は「自分史」を残していて、しかも400字詰めの原稿用紙におそらく1000ページ以上の記録が残されていた。
自分はなんとなく何が書かれているか、怖いような気がして1~2ページ読んだだけでお蔵入りとなっていたが、その一部、「出身地編」のようなものを山形在住の甥に送付していたらしい。

いとこ会の席上で甥から聞いた。
甥はこのいとこ会の幹事でもあった。

いとこ会は2008年だったが父はその2年ほど前に他界していた。


いとこ会から帰ってきて、自分は「自分史」のようなものは書けないが、ブログで自分史のようなものを残せないか。
日々、過ごしている日常やそのころ思ったことを何か記録として残しておくのも、有りだなと思った。

そして、帰ってきて、間もなく書き始めたという訳だ。

タイトルはレゾンデートル。

raison d'etre

フランス語だが、「存在価値・存在理由」と言った意味だ。
レーゾンは英語だとReason。(理由)
デートルは分かりません!(たぶん、そのことがあること・・の意)

「自分史」と自分が生まれてきた存在価値(少々大げさだが)といったものをダブらせたつもりだ。

b0158170_16034918.jpg
ブログには管理者用のサイトがあって、今まで何件登録したのかが分かる。
それによると10年間で798件の記事を書いたらしい。
1年で約80件。月にすると6~7件だ。

平均1件当たり400字とすると、約32万字。

まあよく書い(続いた)ものだ。

書いていると、絵日記のようなもので、その時の写真がその記事の内容を思い出させてくれる。
古い記事を見てみると、あれから早5年かとか、月日の速さに今更ながら驚く。

書くことは記憶にinputされる強さにも関係する。
まあ、ほどほどのノートレにもなっているかもしれない。

親父の「自分史」は生の原稿用紙なので処分にはばかるが、ブログはデジタル遺品なので処分するときは簡単だ。
ボタン一発で消滅する。


[PR]

by yahhosaito | 2018-08-05 16:04 | 日々 | Comments(0)

時計の修理その2

2018年7月31日。

何年か前に直したはずの置時計がまた壊れた。
左右にくるくる回る回転白鳥?が付いているし、妻が記念に貰ったものなので修理してみた。

時計の起動部分は基本的には周りの装飾とは全く関係なく、ただそれを変えてやればまた時計として機能する。
時計の高い安いは時を刻む機能よりも装飾を含めた付加価値部分だ。

我が家には子供たちが残していった目覚まし時計が沢山ある。
その古いのを人る分解して、この置時計に付け替えることにした。
b0158170_09341052.jpg
細かなところのセッティングに手間取り、1時間ほどかかったが、無事完成。
またこれで数年は使えそう。

久しぶりに半田ごてを使った。
半田の焦げる臭いが懐かしかった。

[PR]

by yahhosaito | 2018-07-31 09:47 | 日々 | Comments(0)

JAXAへ行った

2018年7月14日。

昨日、JAXAへいった。
年に数回行っているOBの飲み会で、最近は単に飲むだけでなく、施設訪問をセットで行う事が多い。
このOB会も50回以上になると思う。
皆さんの日々の様子や、出来事、感じたことなどを話す。
皆さん話題豊富だから、フルメンバー8人もいると3時間はあっという間に過ぎる。
b0158170_05380386.jpg
とにかく昨日は暑かった。
帰りのバスを待つ間、バス停で10分ほど待ったが、たぶん35度以上。
炎天下で日陰もなく、16号線を行き来する交通量を見ていた。たまらん!

さすがにJAXAは国の施設だけあり、立派。
見学者用のショールームも、中々のものだった。
説明者も我々の質問によどみなく詳細に説明してくれて素晴らしかった。
b0158170_05363017.jpg
「はやぶさ」の劇的な帰還は感動ものだったが、まさにその帰還した装置が展示してあった。
こういう最先端の技術はまさにノウハウや血と汗の積み上げ。
未知の世界の積み重ねなので、開発者のご苦労がしのばれる。

丁度、リュウグウにはやぶさ2が接近し、秋から本格的に探査が始まる。
成功を祈りたい。

[PR]

by yahhosaito | 2018-07-14 05:29 | 日々 | Comments(0)

視力

2018年7月8日。

1~2月ほど前から急に視力が低下して少々不便をしている。
つい最近までは両眼とも1.0くらいはあったと思うが、特に右目が悪く、右だけで見ると悪さが際立つ。

人間ドックで測ったら、矯正視力が0.2と0.4でビックリ。
直ぐに眼科専門医で見てもらったら、0.6あたりを行ったり来たりしている。
このままでは秋の運転免許の更新にも差し支える。

診断は、白内障が進んでいますね!
眼鏡を変えるか思い切って手術をするか選んでください。
というので、手術は最終手段とし、とりあえず、眼鏡を作り替えることにした。
b0158170_06510277.jpg
ところが、作り当たる際の検眼で、視力が少し戻り、右0.6、左0.8という。
眼鏡を作り替えても0.6が0.7までしかになりません。という話。

じゃあ、という事で、結局、何もせずしばらく様子を見ることにした。

なんでも、右が近視で左が遠視だという。
裸眼だと、近くは右で見て、遠くは左で見ているらしい。

3か月後の再診で、手術を判断するらしいが、困ったことになった。
眼鏡は高校生の頃からかけているが、目と耳は比較的いい方だと自負していた。
新聞や本は眼鏡なしでもなんとかここまで読めてきた。
その気になれば、裸眼で5~6ポイントの字だって読める。

さすがに視力を失うというところまでは行かないと思うが、だんだん悪くなると、もしものことが心をかすめる。

大分昔に「解夏」という映画をTVで見た。
眼の病気でだんだん視力を失うという話だ。
精神的に追い詰められて、失明する恐怖を抱き続けるが、ある時、僧侶?だったかに、諭される。
完全に見えなくなって苦悩(恐怖が)が無くなるときが、あなたの「解夏」だ。
そう言われて、主人公の気持ちが落ち着く。
というような内容だったかと思う。

98%は心配ないと思うが、何が起こるかは分からないので、2%、いや、20%くらいは心配。
それに、耳も少々聞こえなくなり、腰は痛くなり、昨日のことも朧気で、下腹も少し痛む。

確実に、進んでいるなあ・・

[PR]

by yahhosaito | 2018-07-08 06:51 | 日々 | Comments(0)

ロッキング椅子

2018年6月23日。

今年の初め、棚ボタでほどほどの両手が入り、さて何に使おうかと思案していたが、いざ使おうとすると、あまり買いたいのもないし、、とそのまま半年ほど過ぎた。
しかし、使わないのも有りがたさの意味がないと急に思い立ち買いに出かけた。

買ってきたものは「椅子」と「ワイヤレススピーカー」

椅子は既にロッキング式があるが、背もたれが頭までないので、ウトウトするのに少々難儀。
高級品の「ストレスレスチェアー」も魅力的だが、こちらは両手が3~4つほど要る。
そこで買ってきたのはNITORIだ。

なんと、14,000円ほど。
ビジネス用の椅子は10~20万ほどビックリするほど高いが、使うのはせいぜい1日に1~2時間。
それに、たぶん、使っても10年少々だろう。
耐用年数的にはこれで充分。

で、買ってみた。
b0158170_17080048.jpg
これが調子いい。
ロッキング角度は、手元のダイヤルで調整でき、もちろん座面の上下もできる。
仕事するにはクッションが柔らかすぎるが、リラックスタイムには打ってつけ。

大き目の椅子で、背中からしっぽりカバーしてくれる。
これで、音楽を聴く。

その音楽を聴くのには、もう一つの「ワイヤレススピーカー」

こちらはSONY製。
値段は12,000円位と思った。
最近はやりのブルーレイ接続で、電源もバッテリー可能だから、好きな場所でスマホとリンケージが取れる。
b0158170_17075038.jpg

つまり、ロッキングチェアでウトウトしながら、ワイヤレススピーカーで聞くというわけだ。
なかなか!!

ただ、あまり気持ち良すぎて、ウトウトから、本格的眠りに入ってしまう事が多い。
これはチト問題。

少し、弛緩しすぎていないか!

若者は仕事をしている。
年金暮らしのジーサン、頑張れる内はもーちょっとがんばってよ!
何処からか、声が聞こえてきそうな昨今だ。


[PR]

by yahhosaito | 2018-06-23 16:56 | 日々 | Comments(0)

検証

2018年6月13日。

昨日、6月12日は米朝首脳会談が行われた。

場所はシンガポールのセントーサ島というところ。

成果にはいろいろな見方があるようだが、まずは、滞りなく行われてよかった。

その記事の中に、「CVID」なる言葉があり、その意味するところは「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」という内容の頭文字を取ったものだ。

つまり、ccomplete,verifiable,irreversible,dismantlement

あまり馴染みのない単語だが、よく読むとcompleteは「完全」で一応わかる。

Verifiableもよく読めば、ベリファイアブルで実証が出来るという意味だ。

なるほど。

Verifiy。
懐かしいねえ。

かつて情報処理部門にいたときにパンチ室があって、コンピュータにデータを入力するときに80欄のカードにデータをパンチしてした。
当時、女性の花形職場で素敵な女性であふれていた。

そのパンチ結果を検査(実証)する作業がVerifiy。

一つのデータをパンチャーがパンチ(穿孔)し、それが間違いないか検証するためにベリファイアがVerifiy(検孔)した。
つまり、同じデータを違う人がそれぞれパンチ(計2回)し、正しいかを立証するわけだ。

そのパンチ作業も30年ほど前から無くなった。

紙に穴をあけるパンチ作業はフロッピーディスクに置き換わり、パンチされることなく、デジタルデータが直接コンピュータにinputされる時代になった。

でもまだこの時代はVerifiyという作業はあった。

b0158170_12213487.jpg

それから、ウン十年。

情報処理の世界から離れて最近所事情はよく分からない。

しかし、思う。

Verifiyという検証機能はどこかでやられているのだろうか?

年金問題で膨大なデータの入力が誤っていたとう事件があったが、データの検証はどこまできちんとやられていたのだろうか。

最近はデータを端末から入力するケースが多いと思う。

その場合、「検証」は誰がしているのだろう。

入力した本人が目視で確認する、また、プログラムでチェックする、例えば、「児童」の範囲は0~18歳まで。20と入力されたらエラーとしてはじく。というようなことは当然しているだろう。

しかし、これも限度がある。

事実、実際のアウトプットを見るとおかしなケースがままあるようだ。

同じようにプログラム開発の検証はどうしているのだろう。

デバック(プログラムのミス発見)はきちんとやられているのだろうか?

かつては、テストデータを作り、あらゆるケースを想定して正しく動作するかチェックしていた。

そのために、想定できるあらゆるケースをマトリックスであぶり出し、テストデータで確認をした。今はどうなっているのだろう。

ITの世界は急変貌しているので、フタ昔前の知識で考えるのはいささか非常識と思うが、CVIDの記事を読んで、懐かしいVerifiableの文字を見て、ジジは変なことを思い出してしまった。



[PR]

by yahhosaito | 2018-06-13 12:15 | 日々 | Comments(0)

5月快晴

2018年5月20日。

イヤいい季節だ。
爽やか、快晴。

今、バラが綺麗。
我が家の狭い庭にもバラが2本ほどある。
蔓バラだがあまり蔓になっていない。

深紅のバラと淡いピンクのバラ。

数年前にバラのアーチを作ろうと植えたが、どうもそこまで行っていない。
肥料と日差しの関係か!?
b0158170_06033270.jpg
この辺はバラの栽培農家もあってバラの産地として有名だったが最近はバラの農家も減って専業にやっているのは2~3軒らしい。
バラは温室栽培で寒い時期は暖房代がかなりかかるらしい。
採算に合わない。
b0158170_06033990.jpg

バラといえば英国のバラ、ダイアナさん。
そのダイアナ妃の息子ヘンリー王子の結婚式が昨日あった。
妻となるのはアメリカ女優メ―ガンさん。

アフリカ系の母を持つ彼女は中々チャーミングだ。
少しエバ・メンデスに似ていると思った。
ゴスペルもあってなかなか英国王室にしては型破りな式だったらしい。

あと、このいい季節も2週間ほどか。
昨日は久々の朝カル。
「室内のカーネーション」を描いてきた。




[PR]

by yahhosaito | 2018-05-21 06:03 | 日々 | Comments(0)

2018年4月25日久しぶりの雨

2018年4月25日。

昨夜半から雨となり1週間ぶりのお湿りとなった。

それを見込んで昨日は畑で苗植え。
ご近所から貰ったピーマンとなすとカボチャ。
種から育てたそうで全40苗ほど。

家で食べるにはさすがに多いが、4人の子供たちは結構喜んで待っている。
もっとも、3人は東京千葉なので送り賃の方が高くつくかも。

どうした訳か4人中3人はほぼ同じ地域に居住している。
市川市と葛飾区と墨田区なのでほぼ一直線上、自転車で行ける距離だ。
真ん中の子供に送って、配達してもらおうか!?

雨で緑が一層深くなった。
緑したたるとはよく言ったものだが、英語では何というのだろう?
そもそもそんな表現があるかわからぬが、green syowerとでもいうのだろうか?
b0158170_12101279.jpg
カエデも蔦もこのくらいが限界か。
塀に這わせるように植えたフィカス・プムラ(というらしい)がはびこり過ぎて、少々てこずっている。
人間なんて勝手なものだ。

3月4月と忙しかったが、今週から少し余裕が出てきた。
気候も良くなってきたので、旅に出かけるか?
AQUAの座席にフラットで寝られるように、折り畳み式床板盤を2年ほど前に作ったが未だに使っていない。

テスト兼ねてふらりと自転車持って一人旅。
この時期寒く無いし、いいかもなあ…

今朝も連絡があった。若手(自分よりずっと若い50代かも?)の訃報が相次いで、なんだかせかされる。
やれる内にせっせとやることやらないと・・・
b0158170_12112544.jpg
昨日、種を取る2本を残し、畑の最後のビーツを収穫した。
それでまたまたボルシチを作る羽目になった。
もう飽きたと言われそう。





[PR]

by yahhosaito | 2018-04-25 12:12 | 日々 | Comments(0)