yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:地域( 83 )


1650年祭

2018年9月29日。

近くの前鳥神社で1650年祭というお祭りがあって雨の中出かけた。
地元の神社や近隣の神社からもお神輿が出て風情があった。

神社の役員であるW氏はかなり前から神輿の担ぎ手が集まるか心配していたが、なんのなんの大勢の担ぎ手が参集し威勢がよかった。
小雨が降るなか、カッパも着ず殆どずぶぬれ状態で盛り上がっていてなかなか素晴らしいものだった。

1650年祭という事は今から1650年前。つまり西暦380年ごろの話だ。
時代で言うと古墳時代。ヤマト王朝が出来たころ。

考えてみれば、人間が生まれ、社会が形成されてくるとまず出来てくるのは、人間(権力)の上下関係でリーダーとなる人と崇拝するあがめる対象かもしれない。

それは今各地にある典型的な寺社の建物に代表されるイメージでなく、もっと素朴な建物や対象物だったのかとも思う。

もっとも、607年には法隆寺の創建、752年には東大寺の大仏の開眼供養とあるから思ったより建物や仏像等の建立に力が入っていたのかもしれない。

いずれにしてもそんなに古くからこの地に歴史ある神社があったという事は地域の誇りだ。

b0158170_07571601.jpg
b0158170_08062890.jpg

大野誌にこう書いてある。

「例祭日 9月28日神輿渡御儀あり、例祭執行後、八興祭執行の上、氏子の青年により大太鼓、社銘旗を先頭に神職、氏子総代、大字総代、町代、奉賛会役員等前後に供奉して氏子一円を渡御するものにて、字大会原、合併神社日枝神社跡地に高竹4本を立て、注連縄を張り、神輿安置して神饌数台を供し、天下泰平、村内安全、五穀豊穣の祈願を行い、これより神社参道に入り粛々と進み神戸橋まで至る。

(これより奉楽)神戸橋より供奉の両側に整列して神輿とともに前進、神職氏子総代代表上下着してその中央を進み先導、尚警護として終戦時まで当年徴兵適齢期の若集10数人上古服裃を着し、両側に候して進み鳥居前に至れば神輿に木綿(白のさらし)長さ一反結び付けその先端を神職と裃の氏子総代二人にて持ちて拝殿まで誘導す。
この布を前の綱と言う。拝殿の前まで至れば総代以下供奉全員警護共新薦(こも)を両側に敷きて平伏して神輿拝殿前着御となる。着御と同時に撒餅式をなす。」とある。

昨日は久しぶりの快晴だったが、今日は雨の中の例大祭になった。
しかし、境内が雨にしっとりと打たれ、木々は緑を増して威厳のある祭りだった。


[PR]

by yahhosaito | 2018-09-30 08:06 | 地域 | Comments(0)

2017年の桜まつり

2017年4月9日。

今年も桜のシーズンがやってきた。

我が家の前の広場の桜、近くの川の桜、公園の桜、小学校の桜、どこも満開だ。
いや、よく見ると、7分咲きかもしれない。
まだ蕾も結構ある。

しかし、このくらいの方が色が濃いような気がして綺麗だ。
今年もよく咲いてくれた。
一本の木の隅から隅まで花で埋め尽くされている。

見事。

近くの川の桜はライトアップされている。
昨晩、8時過ぎに妻と桜見物と洒落た。

上がっていた雨がまた少しパラパラときたが、たいして濡れるほどの雨ではない。
念のため、一本の傘を持って。

いや、綺麗だ。
川面に対岸の桜が映る。
感動ものだね!

有名な歌に、
  「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふひとみなうつくしき 」
がある。
『みだれ髪』に出てくる与謝野晶子の歌だ。

そんな感じがしなくもない。
夜桜を見に来る人たちは、何か幸せそうで、嬉しそうで、楽しそうだ。
満足感に浸っている。
晶子が100年前に感じた風景と今の風景は基本的には変わらない。
b0158170_05260070.jpg
20年ほど前に地元の有志が500本ほどの桜を植えた。
それが今見事に育って、大木になった。

今年は桜まつりの18回目。

今日は桜まつりの当日。
担当の役割も少しあって、これから7:30には出かけなくてはいけない。
雨が心配。

今年から、「里帰りの桜」が1本加わった。

ポトマックの桜だ。

この話は今度しよう。





[PR]

by yahhosaito | 2017-04-09 05:26 | 地域 | Comments(0)

だんご焼き

2017年1月15日。

14日、恒例のだんご焼きがあった。
15時点火だったが、朝から少し風が強く心配されたが何とか15時ごろになって少し収まり、無事、点火。
b0158170_07175326.jpg
今年は14日が土曜日という事もあって、若いお父さんやお母さん子供たちも大勢参加した。

しかし寒い。
昨日の朝は我が家のベランダでマイナス3度。
今朝はなんとマイナス5度だった。
b0158170_07173736.jpg
こんな低い気温を見るのは何年かぶり。
1年前のシベリアのマイナス20度を経験しているので、どうという事ないと思えばそれまでだが、かなりの寒さ。

雪国では2.5mほどの積雪だとか。

[PR]

by yahhosaito | 2017-01-15 07:18 | 地域 | Comments(0)

敬老の集い

2016年9月17日。

地元で敬老の集いが開かれた。
出席者120名ほど。
スタッフも入れると150名近くが地元の公民館に集まった。

70歳以上の高齢者となっているが、たぶん実際に来た高齢者は75才以上がほとんどだろう。
95歳を過ぎた人もいる。

ここに来るような高齢者は基本的には元気なお年寄りだ。
地元の老人クラブでサークルに入ったり、何か行事があれば、いつも参加するお年寄りたち。
ある意味で羨ましい、理想とするお年寄りといってもいい。

b0158170_21334062.jpg
しかし、実際はいろいろ課題も抱えているだろう。
健康のこと、妻のこと、相続のこと、孫や子供たちのこと・・・

まあ、あって当たり前。

そうした中でこうした催しに出てこられるのは、幸いというべきだろう。

出し物の中に、ギターを伴奏に歌う場面があって、集いに招かれたゲストが言っていた。
「昔の歌はいい歌が多い。最近お歌はチャカチャカしてさっぱりわからない・・」

ごもっとも。

「ミカンの花咲く丘」
「椰子の実」
「ふるさと」
「山小屋の灯」
「高原列車は行く」・・・

みんな、あの頃の定番だ。

参加者もあと10年もするとだいぶ様変わりするかも。
そろそろ、団塊の世代も老人会の仲間入りをすると、年齢を少し引き上げないと、会場に入りきらないかもしれない。

そんな時代が来ている。

数日前に、ある講演会で聞いた。
「孤独なボウリング」-米国コミュニティの崩壊と再生


ハーバード大学のパットナム教授が,20世紀最後の数十年間のアメリカのコミュニティの崩壊がいかに社会全体に悪影響を及ぼすかを指摘し,コミュニティを再生させるための手掛かりを考えた本らしい。

きょうの敬老の集いを見ていると、どこの話だろという感じもしなくはないが、最近の日本も、多くは正にこんな状況になってきている。
だから、わが町内ではそんなことにならないように、少しづつ動き始めている。
何かの足しになればいいと。



[PR]

by yahhosaito | 2016-09-17 21:38 | 地域 | Comments(0)

西の舞の収穫

2016年9月7日。

米の収穫が近い。
今年の6月に植えた西の会の田んぼも順調の育ち、大きく穂を垂れ始めた。
あちこちの田んぼで黄金色の穂が収穫を待っている。

しかし、早いものだ。
3か月と少しで収穫できる。驚異。

b0158170_06323707.gif
暖かい地方では二期作もできる位だから、考えてみればそんなものかもしれない。

それにしても、稲作というのはすごい作業というか仕掛けというかシステムだ。
日本で稲作が始まったのは縄文後期とも弥生時代ともいわれる。
主食としてお米が食されるようになったのはいつ頃だろう。
貴族や豪族あたりは平安時代には主食だったのだろうか?

田んぼを見ているとあの治水システムには感心する。
わずかな高低を利用して水を田にひく。
今は用水路はコンクリート製がほとんどだが、50年か100年まえはおそらく石と粘土で固めて作ったのではと思う。

脱穀機や籾摺り機も大進化だ。
田植え機、稲刈り機、田起こし機だって、昔はすべて手。

昔、もみ殻から中のお米を取り出すのにどうやっていたのだろう。
何かで叩いたのだろうか?
玄米から精米するとき、一升瓶の中に入れて棒でつついたことがあった。
戦後間もない頃だ。

それに、農薬の進化も驚異。
無農薬がベストだが、雑草が生える。我々の田んぼは無農薬でやっているが、「こなぎ」の大発生で苦労した。

今は、米ぬかで退治し、上手くいっている。

人間は様々なことを考える。
米の進化は、人類の進化でもある。(たぶん)


[PR]

by yahhosaito | 2016-09-07 06:34 | 地域 | Comments(0)

祭りのあと

2016年4月10日。

昨日、神社の例大祭があり、神酒所がある当地区は何かと大変だった。
宮入が終わって、22:00から宮番を6人で行うことになった。
b0158170_12363700.jpg
22時から朝まで寝ずに神社の番をするのが宮番。
お神輿は境内に出しっぱなしだから、何かあってもいけない。
そこで、寝ずの番をする。
たぶん、お宮の番人で「宮番」

といっても、神社の社殿内でお酒を飲みながら、ワイワイガヤガヤだからそんなに苦痛ではない。
しかも、結構交互に寝た。

6:00にしめ縄外しが行われ、その後、神輿や櫓を片付け、10:00過ぎに自宅に戻った。

このところの暖かさで、植物が急激に育ってきた。
b0158170_12422751.jpg
この前、芽を吹いていた楓は、完璧に開き切り、鳥の巣箱は丁度隠れるくらいになった。
b0158170_12365221.jpg
ここ何年も咲かなかったラン(折りずる蘭?)が今年は咲いた。
少しはびこりすぎる「はなにら」も良く見ると綺麗。
b0158170_12370425.jpg
b0158170_12371712.jpg
満天星躑躅も提灯のような花が咲いて、全体が薄緑のおおわれるのも時間の問題。
桜はそろそろ終わりか。
そして、あっという間にGWに入っていく。

[PR]

by yahhosaito | 2016-04-10 12:39 | 地域 | Comments(0)

町内会旅行 長瀞

2015年10月21日。

がわ地域の町内会旅行で埼玉県の長瀞に行って来た。
バス旅行で日帰り。
参加者は全部で34人。

町内は約140世帯あり、うち参加するのは30世帯位だから、参加率からすれば2割強と言ったところだろうか。
平日なので、現役世代は難しいし、そこそこに近所づきあいがないと、少し参加しにくいかもしれない。
この辺をどうするかは昔からの課題。

かつては1泊で行ったものだが、最近は日帰りが多い。

さて、長瀞だが、晴天に恵まれ、良かった。
川下りも少し紅葉には早かったが、水量もほどほどにあり、暑からず寒からずで、楽しめた。
ただ、時間は20分程度でもう少しあと15分ほど長くてもよかったかなあと思う。
あっという間に船着き場に到着。
b0158170_07282803.jpg
まあ、それだけ、楽しい時間だったということか。

定番の、酒蔵見物をして、秩父の夜祭会館を見て、定刻の18:30に帰着。
圏央道はアクセスにはまことに便利で、これが20年間前に完成していれば、我が自動車旅行も少し変わっていたのではないかと・・
b0158170_07284477.jpg
ところで、
今朝の新聞によると、旅行者早くも昨年を上回るとある。
2020年までに2000万人と言う政府の目標だが、2015年には達成するかもだそうだ。

中国からの観光客が前年の2倍以上、香港や東南アジアのお客さんが多いとのこと。
日本政府がビザの発給要件を緩和しているらしい。
観光客が落とすお金もすでに2兆6000億円と言うから、年末までには軽く3兆円を超すだろう。

観光の力はすごい。
確かに、日本には観光の要件がそろっていると思う。
昔は、なんだか欧米諸国に比べ、見劣りしたような気がしていたが、多少外国を見聞きしてくると、日本もまんざらではないなあと言う感じが強い。

観光客は日本のビジネス街や立派なホテルよりも、日本らしい風景や生活を見たいという。
丸の内や新宿よりも、馬篭や妻籠、飛騨高山や奈良京都。
浅草界隈の下町や名も知らぬ農村風景。

この気持ちは大変良く分かる。

春に、AQUAで桜前線の「おっかけ」をやろうと思い、出来なかった。
では、秋には紅葉前線の「おっかけ」思うが、なかなかできない。

せめて、そう思う気持ち、モチベーションの発露だけでも大事にしよう。






[PR]

by yahhosaito | 2015-10-22 07:29 | 地域 | Comments(0)

地区レク2015

2015年10月11日。

地区レクの日だが、朝から雨。
雨天は翌日と言うので、今日はのんびり雨の休日かと思っていたら、7時過ぎにやるとの緊急連絡。
本当!?

8時に急遽集合し、我が賞品係は賞品を雨の中でセット。
結局、1時間遅れで体育館にてスタートすることになった。

体育館はせいぜいグランドの1/4~1/8程度なのでかなり縮小した規模で実施。
なんとか、予定の8割ほどの種目を消化して、15時に終了。
お疲れ様でした。
b0158170_10390334.jpg
体育館でやるか、翌日に順延してやるかの判断は難しいところ。
結局、若干ルールを無視して体育館でやったが、いろいろと意見を言いたい人もいるようだ。
そもそもの、ルールは、当日雨だったら、翌日開催。
翌日も雨だったら体育館で開催がルールだ。

まあ、いろいろあったにせよ、無事に終了。

17時からは恒例の反省会。
連合自治会の中にある10の単位自治会はそれぞれに実施。

去年は3位。今年は6位。

まずまずでした。
今日は昨日と打って変わって素晴らしい天気。

[PR]

by yahhosaito | 2015-10-12 19:10 | 地域 | Comments(0)

稲刈り真っ盛り

2015年10月5日。

昨日は真夏並み、今日は晩秋の風情。
日、一日と季節が進み、日本の日々は楽しい?

いま、どこもかしこも稲刈りの真っ盛り。
自転車で10分足らずで田園風景の真っただ中。
農家は総出で稲刈りをやっている。
b0158170_16180704.jpg
専業農家にしろ、兼業農家にしろ、田や畑を本格的に持っている家は結構大変だと思う。
我々、趣味の家庭菜園は気ままと言えば気まま。
疲れたときはサボっても、そう大して影響ないが、本格的に作っている農家はまさに仕事だからいい加減にやる訳にはいかない。

数年前から仲間と田んぼのお米作りをやっているが、結構大変。
田植えは手植え。稲刈りも手刈り。天日干しに無農薬。

最近は、作付面積が拡大したので、70%は機械に頼っているが…

ところで、素人ながら思うが、こうして実体験してみると、機械の力がスゴイことが良く分かる。裏を変えせば、昔の稲作作りはさぞかし大変だっただろうということだ。

苗を一本一本植える。これすごく大変。稲を刈るのも相当大変。脱穀も精米も手でやっていた時代は相当なものだっただろう。
今は、機械だから楽だ。
我々は、農業体験を子供にやってもらおうという意図があるから、手作業と機械化をバランスさせながらやっているが、それでも、手の部分は正直疲れる。
疲労困憊と言うのが実感だ。
b0158170_16184892.jpg
初めて、機械での稲刈りをやってみたが、実にラクチン。
すこしぎこちないが、指導の先生?が手ほどきしてくれた。(写真は某さんのブログから借用)
b0158170_16175479.jpg
いつの間にか、セイタカアワダチソウが黄色に色づいてきた。
ストーブの季節もすぐそこだ。

[PR]

by yahhosaito | 2015-10-05 16:20 | 地域 | Comments(0)

キャンプファイア

2015年8月23日。

地域のちびっこ広場でキャンプファイアをやった。
今回が初めての企画。

70数人のちびっ子やパパママが集まってくれた。
たき火を囲んで「ポッキンアイス」「ヨーヨー釣り」「フランクフルト」「わたがし」「ポップコーン」「ラムネすくい」の6出し物。
最後に花火と言う設定。

6時からの開始だったが、運悪く、5時過ぎから黒い雲から雨が落ちてきて、出した椅子やテーブルはびしょ濡れ。
さて困ったと、スマホで雨雲レーダーを眺めると、30分もすると雨雲は去り、晴れる気配。
5:45、開催を決行した。

6:15にはすっかり雨も上がって、あたりは急にヒンヤリ。verygood!!

予定通り、良いキャンプファイアができた。
b0158170_10411450.jpg
そもそも、今回のキャンプファイアは子どもたちの夏休みの最後の思い出づくりにと、ジジたちが企画したものだ。

時代の変化とともに、「子供会」が急速になくなり、子供たちが地域の大人や学年の違う子供たちと触れ合う機会が少なくなった。
パパもママもお仕事で、子供会なんぞやっている時間も暇もない。
第一、子供会に入ったら、役員で忙殺され、会合に何回も出なくては!と言った背景がある。

それならば!と時間とノウハウをたくさん持った?ジジたちが企画運営しましょうとスタートした。
七夕飾り、田植えと稲刈りも同じ延長線。

強力な若いお母さんの協力も得て、1回目にしてはまずまず。
直前の雨も、結果オーライで、火の粉の心配もなくなったし、涼しくなったし、急遽持参したテントやパラソルも小道具として、翌年のいいリハーサルにもなった。

子ども会の現状や問題点を調べていくと、いろいろとあるようだ。
我が地域でも1/3位が今年無くなった。
地域との連携で、若干問題が出てきた。

この辺は一度きちんと総括しなければならない。


[PR]

by yahhosaito | 2015-08-24 10:42 | 地域 | Comments(0)