yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年GW

2011年5月4日。

4月29日からの休みで10日ほどGW休みがある。
特に遠出はしないが、今一つ落ちかない。

29日は前日急遽電話が入り薪割りに来ないかというお誘いを受け、ほぼ一日中費やした。
秦野のある知り合いからのお誘いで、薪をもらえることになった。
しかし、それには「使役」が伴い、(当然だが)、これが結構大変。
大型の丸鋸で木を切断し、圧縮型薪割り機で割っていく。

子の丸鋸が結構危険。
細心の注意をしながら切り進む。注意しないと指の一本や二本、軽くすっ飛んでしまう。
薪割り機だって、斧で割る10倍以上の性能ですごい音を立てて割れていく。

おかげで、1年分くらい確保した。
これで、心置きなく薪が使えそう。

30日は翌日の公園祭りのテント張り、午後から近所の総合公園で植木市をやっており、そこで恒例の野菜の苗を買う。
ピーマンとスイカ、ナスにトマトなど買い込んで、早々に家に帰り、畑に植え付けた。
明日は天気が崩れるというので、苗の植え付けにはもってこい。
なにせ、ジョウロで水を撒いたくらいでは、表面の土を濡らす程度で、中まで浸み込まない。
その点、天然の雨はさすがに大したものでしっかりと浸透してくれる。

畑に行くと、あちこちの雑草が目立ち、草むしりも結構大変。
やさいは買ったほうがはるかに早く安いのだが、こだわりといえばこだわりか・・・。
収穫の喜びはなかなかのものがある。

5月1日は近所の公園祭り。
これも朝から役があって、結局3時ごろまでお付き合い。
まあ、地元の人たちとの場で楽しいと言えばこれまた楽しいのではあるが・・・b0158170_6562644.jpg

そして、2日、3日は年2回の恒例テニス合宿。
去年の秋以来のテニスなので勘が戻るまでしばらくかかるが、風もなく、新緑の中、すがすがしいテニスを堪能。b0158170_72312.jpg
夜は宴会といっても3人だけだったが(N氏日帰りのため)飲んで食ってそのあとカラオケ。
ここ数年、指がへバーテン結節とやらで関節がカレーのため、すり減って痛む。
だから、ラケットの淵あたりにボールが当たると痛む。
年寄テニスは前後1Mしか動かないので長続きしない。昔のようにボールを拾いまくるようなことはしない。すぐあきらめるのが信条か。

このあと、3日ほど、決まった用事はなく畑とデータの整理と身辺整理・・・
またその後に、お寺の役員でお施餓鬼に参加。歯医者とMJ協の定例会がある。
こうして、2011年のGWは過ぎ、思ったこと、あまり進まず、5月も中旬に入っていく。
[PR]

by yahhosaito | 2011-05-04 06:51 | 日々 | Comments(0)

大震災フォーラム

2011年4月30(土)

市の市民活動センタで大震災関連のフォーラムがあるというので出かけた。

持続可能な村づくりを進めてきた福島県の飯館村。大震災さえなければ、原発事故さえなければ南東北の静かな村であったに違いない人口6000人ほどの小さな村は皮肉にも日本で数少ない有名な村になってしまった。

311.東日本大震災に伴う福島原発のためにめちゃくちゃになった飯館村。
日本のエネルギー政策を批判してきた地元のT・K代議士と飯館村を長く持続可能なエネルギーの視点で支援してきたO氏、U氏の飯館の現状についての話であった。

原子力、特に原発については賛成派と反対派で極端に意見が違うので、生のデータを持たない我々はどの意見が、どの数字が本当なのかよくわからない。
一方で危険だと言うし、一方では問題ないという。マスコミも一流誌の論評と週刊誌ではかなり視点が違う。

今回のフォーラムは実際の飯館に住む住民の話と、長く村を支援してきた人の話なのでたぶん真実なのだろうと思う。
当事者はどんな苦しみの中かと話を聞いてその思いを深くした。

T・K代議士の話は分かりやすく、いつものことだが、説得力がある。
一言でいうと、「だから原発は止めましょう」ということだ。
電力が足りないことはわかる。しかし、工夫をすれば原発なくてもできる。一気にでなく順を追って時間をかけて全廃する。その通りだと思う。

日本はウランを購入して原発の燃料にして核分裂の熱を蒸気に変え、タービンを回す。
すると使用済み核燃料が発生する。
捨てる場所もないし、ウランも有限なので使用済み核燃料を再処理して、作る。
ところが、再処理工場の六ヶ所村の工場は放射線漏れ等の事故で建設以来20年近くたつがいまだに稼働していない。
この間にかけた費用は実に2兆2千億。

さらに問題は、プルトニュームを使って運転する高速増殖炉もんじゅはナトリューム漏れで運転中止中。よって、使用済み核燃料の行き先がなく、各原発のプールに眠って(保管)されているというのだ実態だ。
原発は二酸化炭素排出の救世主としてクリーンエネルギーと喧伝されているが本当か!?
一番コストが安いというが本当か?
今回の津波事故、再処理工場の建設、保障、廃炉経費等々を考えると一番コストが安いとはとても思えない。
このもんじゅだって開発から20年以上もたち、1兆円とも2兆円とも言われているが発電した電気はゼロだ。


代議士は言う。
だから、2050年までに原発をゼロにする。
40年で耐用年数を迎えるので新規立地をしなければ今から40年先すなわち2050年にはゼロになる。
さらに今までは人口が増え、産業が右肩上がりで伸びてきた日本。しかし、これからは違う。その環境の中で、代替エネルギーを開発し、節電に努め、工夫すれば少なくとも原発分は電気を減らせる。というのか、彼の主張だ。

全くその通りだと思う。
それには政治の力が必要。そして、早く立法化して、制度を作る。
当時とても無理と言われた排気ガス規制だって、やればできた。
ただ、利権と一部の理屈でやらなかっただけ。

2050年でも遅いように思うが、急には変われないとすれば40年の猶予は仕方ないかもしれない。
今回判ったことだが、日本の周りに危ない原発が沢山ある。
早く何とかしないと、とんでもないことになりかねない。
自然災害が来ないように神頼みが現状で実態といったことろだ。
余震のM8クラスが来たら「土嚢」で本当に大丈夫か?

原子力と土嚢。核漏れに新聞紙やおがくず。とても小さい放射線除去装置や、公園でよく見かけるリモコンの戦車のようなロボット探査装置・・・
なんだか、とても頼りないように思える。

素人が何を言っているかと怒られそうだが、神を信じて、頼むしかない。
[PR]

by yahhosaito | 2011-05-02 07:08 | 日々 | Comments(0)