yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


半農半x

2018年2月19日。

我が家の本箱に「半農半x」というのがあって、先日、天山に浸かりに行った際に持参した。
天山は温泉もいいがお休み処が整備されていて読書するには最適。

「半農半x」はどうも下の娘が学生時代に読んだ本らしい。
読みだしたら結構興味深い。

退職し早12年が過ぎ、現役時代は思い及ばなかったが、近所から僅かばかりの畑を借りて、自作の農産物を育てていると、畑さえあれば結構それなりの生活が出来るなあと実感する昨今だ。
その気にさえなれば、生活費もあまりかからない。
晴耕雨読とはよく言ったものだが、そういう仙人のような生活もある種魅力だ。
しかし、そういった清貧の思想というようなものが最近はあまりはやらない。

半農とは持続可能な「小さな農」と「天与の才(x)」を世に生かし、社会に貢献するというものだ。
半農は比較的易しいが、半xはなかなか難しい。そもそもxとは何だろうか?

ちょっと気になったフレーズを書き留めてみた。

トルストイの作品の中に、「人にはどれだけの土地が必要か?」というのがある。
有名な寓話だが、簡単に言うとこうだ。

「―― ロシアの田舎に一人の農民がいた。はじめは貧しい小作人だったが、ようやくためたお金で少しの土地を買った。
暮らしは以前よりずっとよくなり、毎日楽しく暮らした。
しかし、そのうち欲が出てきた。もっと広い土地ならばもっと豊かな生活が出来る。
そして、以前より何倍も大きい土地を手に入れ、働くと暮らしはさらに豊かになった。
だがそれに慣れてくると広い土地も手狭に思えてきた。
ある時、夢のような村の存在を知り、村に向かった。

村長は言った。「日の出とともに出発し日没までに戻れば行った土地の全てがあなたのものです。しかし、戻れない場合は全てを失います。」
男は日が昇ると同時に東に向かい歩いた。行くところ全てが欲しくなりどんどん奥に進んだ。
しかし、自分があまりにも遠くに来てしまったことに気づいたときには日もかなり西に回っていた。
男は必死になって出発点に戻った。
丘の上で村人は早く戻れ早く早くと急き立てた。
最後の急坂を半狂乱になって登った。日没とゴールはほぼ同時だった。

村長は言った。
あなたは望んだだけの土地をすべて手に入れた。と叫んだとき、男は口から血を吐き息絶えた。彼の従者はシャベルで穴を掘り男を土に埋めた。
その穴の大きさの土地だけが彼に必要な土地の全てだった・・・」

b0158170_16292335.jpg

ネイティブアメリカンの格言。
「この地球は我々の両親から受け継いだものではなく、子供たちからの借りたのものである・・・」

「種を蒔くとき3粒づつ蒔け。一粒は空の小鳥のため。一粒は地の虫のため。一粒は人間のため・・・」

「のこし柿。里山や庭になった柿の実は全て取らずに、自然の恵みを与えてくれた神様に感謝する気持ちと冬を越す動物たちのために残しておくことです・・・」

「村々を歩くと火の見櫓が一本の杉の木で作られており、いい具合に二股になっているなっているところに鉄棒を通して足掛かりにしておることに気づく。
はじめはまあよく都合に良い木が見つかったものだと感心していたが、その内、わざわざ初めから計画して作るのだという事が分かった。
村の長老等は木の未来とともに村の未来を予測し、30年後の火事を発見し半鐘を打つための火の見やぐらのためにを今から木を植えるのだ・・・」

「エネルギーを散逸させるのは良くない。エネルギーを自分の最も得意な分野、最も社会の貢献できる分野、最もメッセージ性の高い分野、最もアウトプット可能な分野にフォーカスすることが大切・・・」

「老人の死は図書館1軒が消失するのと同じ・・」

まだまだ、たくさんある。きりがない。やめた。
この歳になって、少々人生訓もなんだが、若い時に感じなかった「合点」もある。

自分の「半x」は何か!?
イマイチ極まってない。いや、そもそも分かってないのが現実か!


[PR]

by yahhosaito | 2018-02-19 16:29 | 日々 | Comments(0)

総合公園の梅

2018年2月6日。

暫くぶりに快晴に誘われ総合公園の梅を見に行った。
相変わらず寒く、今朝、庭の外気温はマイナス3度を指していた。
でも、この時間は10度まで上がってきて、風は冷たいが家にいると気分も優れないので、自転車でポタリング。
公園を徒歩で一回りすれば、2kmほどになる。

公園の梅の木はたぶん100本以上、もしかしたら200本くらいあるのかもしれない。
中々の梅の木で手入れも行き届いている。
b0158170_14082989.jpg
この時期、まだほとんど咲いておらず、早咲きの木が何本かくらい赤い花びらを付けていた。
例年だともうかなり咲いているのではと思うが、今年は異常だ。
畑の農作物も悲惨な限り。
我が家の畑のブロッコリーはほとんどアウト。
キャベツもまるまるどころか、苗を大きくしたような感じで「成長」の痕跡が見当たらない。

僅かな畑人の経験だが、今までこんなことあったのだろうか?
「沈黙の春」ではないが、その時期になっても、いつもの成長が見られず、stopになったら、来るものが来なかったら、それこそ、社会は大混乱だ。

まあ春になればそれなりに暖かくなり、それなりに木々が成長し、緑で満たされるだろう。
よく見ると、桜の芽は膨らみ、コブシの蕾もだいぶ大きくなった。
あと少しすると、低山の雑木林はうっすらと白く萌えだし、啓蟄を経ていよいよ春本番だ。

冬季オリンピックが終わったころはすっかり春の気分かもしれない。

昨日の落日もよかった。
b0158170_14101431.jpg


[PR]

by yahhosaito | 2018-02-06 14:11 | 日々 | Comments(0)

2月如月

2018年2月1日。

毎年同じような感情の繰り返しだが、1月に入って、あっという間に2月。
連日寒い日が続いて、薪の消費もずいぶんと激しい。

まあいいだろう。薪のストックは沢山ある。
朝、6時には火を点けて、そのまま10時過ぎまで。
燃え残りの火が落ちるまで炊き続けて、午前中はそこで終わる。

夕方、15:00を過ぎると少し寒くなって、午後4時には遅くとも又点ける。
その繰り返しが何日も続いている。
ストーブのトップには加湿用の大きな鍋と、やかん。
場合によっては、スープやシチューなどの鍋が並んでいる。
コトコトと微かな音を立て、湯気が立ち上る。

そんな冬の生活が7年も続いた。

あと何年出来るだろう。
最近そんなことも思いながら、あまり衰えていないと思っている体力に過信して
せっせと薪づくりに励み、薪棚に積み上げ、飽きることなく燃している。

1月から忙しい日が続いている。
何もない日はホッとする。
今日は午前中、会合に出かけ、午後はその整理と明後日の資料を作った。
気が付くと6時を回っていた。

そんな日が最近多い。

2月は伐採の季節でもある。
木々が水を上げる前に木を切り倒す。
すると薪が出る。
後半になると、薪づくりも加速するに違いない。
有りがたいことでもある。
いつしか自然に薪が集まるようになった。

切って割って運んで乾かし1年後にストーブにくべる。
寒い日は灰も多い。

そして畑に蒔く。
焼畑耕作のようなものだ。
畑はもうハコベが顔を出している。

昨日、皆既月食があった。
ベランダに出て観察した。
綺麗。
b0158170_20404613.jpg
息子はスカイツリーから撮ったらしい。
無断で借用し掲載する。ゴメン!


[PR]

by yahhosaito | 2018-02-01 20:40 | 日々 | Comments(0)