yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


《平成しんちう屋》

2018年8月31日。

平塚美術館で少し変わった美術展が開かれている。
「平成しんちゅう屋」

若手現代美術家の深堀隆介氏の個展で、透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くといったもの。
これが大人気で、既に来場者は5万人を超え、美術館始まって以来の入場者数だという。
b0158170_14305300.jpg
実は、昨日、市役所に用事があり、ついでに見てこようとしたら、駐車場は車でいっぱい。
隣接している図書館も博物館も満車。
結局、見るのをあきらめた。

市役所の職員とそんな話をしていたら、そうなんですよ。付近の交通が滞っていて、住民から苦情が来るんです・・と苦笑いしていた。
確かに、あの辺は駐車場待ちの車が列を作って並ぶほどの道幅がないし、そういう想定もしていない。

今日は早くに行ったので、2台待ちで2分後くらいには駐車できた。
しかし、中に入ってびっくり。
切符買う人が50人ほど並んでいる。
こんなことは初めての経験。

しかも、会場は人でごった返していた。
ルノアール展でもこんなにごった返してはいない。
子供も楽しめる内容なので、夏休みの勉強や鑑賞にはいいかもだ。

しかし、良くかけているし、着想も面白い。
かなりリアルでもある。
現代アートとしては出色の部類と思う。

しかし人の多さと、タダ(市内高齢者無料)の気軽さから、早々に引き上げた。
個人的にはこの秋から始まる企画展「小倉遊亀」の方が好みだな。
こちらもタダか!
悪いね!嬉しいね!

[PR]

by yahhosaito | 2018-08-31 14:31 | 日々 | Comments(0)

米国社会に迫る最も危険な脅威

2018年8月30日。

今から50年以上前の1958年、シカゴ大学余暇研究所は「米国社会に迫る最も危険な脅威、それは、余暇の脅威」と警鐘を鳴らした。

それに呼応して、ライフ紙は「自由時間がもたらす新たな課題について警鐘。米国人は今や過剰な余暇に直面する。課題は目前、~いかに人生を気楽に過ごすか~」
という特集を組んだ。

それから50年。
色々なことが起き、世の中は進化・後退して今2018年だ。

昨日、ある公園でその解決策の一つを見た思いがした。
「ぽけもん」?

公園の入り口に老若男女が何やら下を向いて、一生懸命、夢中でスマホを操作している。
ぽけもんのキャラクター?がこの辺で出るという話を聞いたことがある。
ぽけもんゲームがどんなものなのかは分からないが、老若男女が夢中でやるというからにはきっと面白いに違いない。
公園入口に、ざっと見たところ50人はいる。

会社時代のある友人がこれにはまり、楽しくて仕方ないという。
何で?と聞いてみたら、ある種の昆虫採集的楽しさがあるという。
つまり、彼曰く、
噂でxxに新種の蝶が出るという口コミが広がった。
その蝶を探しに出かけると思ってもらえばいい。

捕虫網の代わりに持っているのが、「スマホ」だ。
スマホで見つけ、探し当てた時の快感?

なんとなくわかるが、待てよ!という気がしないでもない。

かつて、バードウォッチングをやったことがあるが、これとて、似たような話だ。
どこどこの川岸に珍しい鳥が出た。
この噂が広がると、バードウオッチャー(バーダーと言う)はどこでも出かける。
何時間も粘ってお目当ての鳥が出たときの快感満足感。
同じもんかも!?
b0158170_06393011.jpg
ただ、ぽけもんは誰かさんが作ったものだろうから、それに踊らされているという気もしないでもない。
一方、鳥や蝶(を追いかけるのは)は自然界の摂理?にのっとった行動だ。

待てよ。
ぽけもんは人間が作った話なので、もっと面白い仕掛けがあるのかもしれない。
ポイントが交換できるとか、何かお楽しみがあるのか、仲間同士で競い合うゲーム性があるのか・・・

冒頭の「余暇の脅威」を解消する、方策としては願ってもない遊びが出来た!?

実際のところは分からない。
でも、これで、満足が得られれば、悪いことではない。
生きがいを感じる人もいるだろう。

もんもんと「ボーッツと生きているんじゃネーヤ!」というより、何倍もいいかもしれない。
ま、やってみようとは思わないけど。




[PR]

by yahhosaito | 2018-08-31 06:42 | 日々 | Comments(0)

カンツォーネが遠くなった

2018年8月27日。

昨年12月にカンツォーネを止めて8か月以上が経った。
それまでは隔週にレッスンがあり、20人前後のメンバーで2時間ほど歌っていた。

しかも10年以上その生活が続き、ある種の生活のルーチンになっていた。
6時過ぎに車で練習会場に出かけ、9時ごろ帰宅する。
終わればホッとし、満足感も得られた。

考えてみると、ホッとする方が多かったかもしれない。
別に嫌いでも苦痛でもないのだが、決められたある時間帯に行かねばならないという「拘束感」はイマイチだ。
そうはいっても、拘束がないと何にもやらない怠惰な生活に陥る。

それも、本当に歌が好きだったら、その時間が待ちどうしいのかもしれないが、拘束感を感じるという事は、そんなに好きではなかったのか?

そもそも、歌は上手くない。
カンツォーネに入ったのは、昔からの友人k君に誘われたからだ。
k君は大学時代にグリークラブに所属し、卒業後も歌とかかわりが有ったようなので、カンツォーネクラブに入ることは楽しくてしかななかっただろう。
確かに、カラオケで歌うと上手だったし、ギャラリーも黄色い声を上げたものだ。
10年も続いたのはひとえにk君、o君の存在だ。
小学校のクラスメイトが二人いて自分だけさっさと辞めるわけにはいかない。

自分ときたら、高い音は出ないし、口も大きく開けない。
発表会を聴きに来た妻が言ったものだ。
お父さん、kさんの口は大きく開けているが、お父さんの口は1/3よ。

確かにそうだ。しかし、それが上手くできない。
そもそも、音楽の理論もよくわかっていない。
ドの音が262㎐とすると、もともと声が高い人は400㎐位なのではなかろうか?
なんで262と400で同じドなんだ!?

しかし、この10年間で色々な曲に出会った。
「オソレミオ」「帰れソレントへ」「フニクリフニクラ」などのお馴染みから、「海に来たれ」「ラ・スパニョーラ」「カタリカタリ」などなじみの薄い曲まで50曲近く習ったように思う。

感心するのは、いずれも素晴らしい曲ばかりという事。
歌い込めばこむほど良さが分かってくる。
原曲で歌うから、なんだかいい気分になる。

カンツォーネをやり始めて2年ほどしたとき、妻とナポリに行った。
途中で出会ったナポリ人に道案内をしてもらったとき、歩きながら帰れソレントを一緒に唄った。
帰る際に、途中歌いながら来たものだから、道を覚えてなく、帰ることが出来なくなった。
船の時間は迫るし、タクシーは見つからないし、英語は通じないし、とても焦ったことを思い出した。

ロシア民謡にはロシアの想いや生活感が漂うし、アメリカ民謡はそれらしきところがある。
イタリア民謡・カンツォーネも正にイタリアそのもののような気がする。
10年間は今までの自分の人生であまり出会わなかった分野の貴重な経験だ。
ベートーベン第9の合唱に参加したのも、カンツォーネがあってのことだ。
b0158170_07200398.jpg
行かなくなって8か月。
最近、レッスンの始まりの「発声練習」が懐かしく思うときがある。
半音ずつ音を上げて、トレミファソファミレド・・・とやる。
相変わらず音階はドレミファソラシドレくらいで、ミファは殆ど引きつっている。

なんだか、当時の女性陣はときどき「食事会」をやっているらしい。

そうだ!9月になる前に男性陣で「暑気払い」をやるか!
もし9月に入ってしまったら「残暑祝い」だ!



[PR]

by yahhosaito | 2018-08-27 07:01 | 日々 | Comments(0)

災害酷暑

2018年8月26日。

ここに来て、また暑さがぶり返した。
それでも湘南地方はまだ内陸地と比べて3~4度低いが、連日33度前後の暑い日が続いている。

今日も予報では35度。
明日も35度。週末にかけて32度くらいで少し落ち着く。
9月前半はまだこの暑さに我慢しなければならないのか・・。

冷涼なイメージのスイスも例外ではないらしく、記録的な高温と乾燥に見舞われているようだ。
アルプス周辺で8月初めに立て続けに軽飛行機事故が3件相次いだ。

高温により空気が膨張し、密度が下がったため、揚力不足を招いたという。
アメリカでは去年、空気密度低下の為、飛行機の欠航が数十便あった。

まさしく単に酷暑、猛暑でなく、災害レベルの暑さ。
一説によると、気象変動の傾向はここ数十年続くというから、悩ましい。

パニック映画で気温上昇でとんでもない事態が起こるというのがあるらしい。

内容は分からないが、例えば・・(以下、妄想)

『202x年、心配していたことが起こった。
数年前から異常高温が続いていたが、何とかなるとタカを括っていたが、その心配が現実に起こった。
6月初めに梅雨が明け、それから連日、30度を超す暑さが続いた。
それがあっという間に35度になった。

あらゆるところでの冷房がさらに追い打ちをかけ、40度に到達するのに時間はかからなかった。
7月に入ると、気温はさらに上がり、41度42度が日常になった。
こうなるともう外には出られない。冷房の効いた部屋でじっと耐えるしかなかった。
自宅で仕事が出来る職場の人は家で仕事をするようにと政府の通達がなされたが、現場で作業する人は通勤せざるを得なかった。
そして、通勤途上、多くの方が命を落とした。

線路は暑さのために曲がり、水で冷やして何とか走れるようにはなっている。しかし、これも時間の問題で、やがて全面運休に追い込まれるだろう。
食料品の運搬は車で何とかなっており、今のところ食生活に影響は出ていない。

暑さで車のサイドミラーはしょっちゅう誤動作を起こした。中のモーターが暑さでやられているらしい。
最近、家電製品もよく誤動作する。
そもそも、常時40度以上で使用できる設計になっていないのだ。
冷蔵庫はときどき冷えなくなり、どうした訳か、照明も時々異常を起こした。
スイッチの中のある部品が熱に反応しているようだ。

雨が降らないから、どこもかしこもカラカラだ。
節水を呼び掛けるが、吹き出す汗を補うには飲むしかない。
あと10日も雨が降らないと、とんでもないことになる。
おそらく数桁の死者が出るかもしれない。

政府は国民の避難計画を検討し始めた。
北海道を大開拓し、そこに1000万人以上を移住させるという。
さいわい、まだ広大な土地は残っている。
一方、10年後を視野に、海外移住も検討し始めた。

北緯50度以上のサハリンの北部に5000万人規模で大移動する計画だ。
北緯50度はかつて樺太を南と北に分けていた歴史的緯度でもある。
いま、詰めの交渉がロシアと我が国で真剣になされている。

色々痛みが伴う。
しかし、これは命にかかわる話だ。
最優先でやらなければ、国そのものが・・・』

イヤ、こんなことにならなければいいが・・

9月に入って、大陸の高気圧が張り出し、冷たい空気が日本列島全体を覆い、明日は最高気温22度。朝晩はぐっと気温が下がるので、体調管理に気を付けましょう・・
という時期が早くコイ!
b0158170_13381492.jpg
稲が出穂(しゅっすい)した。
確実に季節は進んでいるようだ。

「秋の来ない夏はない。」
ありがたいことです。
涙が出る思いだ。




[PR]

by yahhosaito | 2018-08-26 13:26 | 日々 | Comments(0)

夏も終わり

2018年8月20日。

昨日、町内の夏祭りがあり、無事終わった。
70数名の親子が参加した。

綿菓子、かき氷、フランクフルト、流しそうめん。
4点セットが売りだ。

今回で4回目だが、昨年までは「キャンプファイア」としていたが、今年からは「夏祭り」とした。
子供向けでなく、大人にも参加してほしいから。

今回初めて参加してくれた家族も何組か。
こうして地域の知り合いが増えていくことが嬉しいし、大切だ。
b0158170_05535042.jpg
何かあったとき、頼りのなるのは「ご近所さん」
こういうイベントは知り合ういいきっかけ作りだ。
初めての人にも声かけやすい。

つい、この前までは、連日35度の暑さで、じっとしているのも嫌なくらいこコンディションだったが、ここ、2、3日は急変したように涼しい。
今日(19日)はそれでも日中29度くらいまで上がったが、朝は20度。
半袖では少々寒い。
空気も乾燥していて、さわやかそのもの。

そして今日は、朝この時間(5時半)、24度だ。
最高気温も27度と言っている。
b0158170_05545434.jpg
明日まで涼しく、明後日からは31~32度がしばらく続きそうだ。
でも、季節は確実に秋に向かっている。
23日は処暑。
暑さもここまでと言う日だ。

8月や6日9日15日

15日を過ぎて、今日から下旬。
イベントも終わり、孫たちも帰って、また一区切りした生活が始まる。


[PR]

by yahhosaito | 2018-08-20 05:55 | 日々 | Comments(0)

孫帰る

2018年8月17日。

2週間ぶりに孫たちが帰った。
家じゅうがすっかり静寂になり、久々の27度という気温の低さもあって「寂寥感?」が漂う。

まあ、正直ほっとしたところ7割だが、(いや、8割か!?)今年は下の孫が2.5歳だが、今回はやけになついて、ジジの本領?を発揮した。
膝には乗るは、風呂に一緒に入るは、一発かますギャグには乗ってくるはで、ベストの状態。

まあ、しかし、あと半年だろうなあ・・
上の孫は5歳だが、下手なギャグや冗談には「反撃」をくらう。
いい加減なことは言えない。

それでも逆さ文字、回文などには結構反応を示した。
ウンコドリルは卒業し、教えた「メルシー」「ボンジュール」、「ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ」もマスター?
見込み有る!!
子どもは記憶力抜群だ。昨日何喰ったかを忘れる身としては、実に羨ましい。
b0158170_17260299.jpg
b0158170_17302702.jpg
途中、下の娘も子供を連れてきて、4人が入り乱れての大騒ぎ。
ジジは疲れてババはダウン。
b0158170_17261336.jpg
これは、約2週間の成果物だ。
トイレに貼ってあった。



[PR]

by yahhosaito | 2018-08-17 17:27 | 日々 | Comments(0)

あっという間の10年

2018年8月4日。

このブログを始めてなんと10年が経ってしまった。
始めたのは2008年の7月。

始めようとしたのは親父の田舎、山形でいとこ会があり、その席で父親の話を聞いたのがきっかけだ。

生前親父は「自分史」を残していて、しかも400字詰めの原稿用紙におそらく1000ページ以上の記録が残されていた。
自分はなんとなく何が書かれているか、怖いような気がして1~2ページ読んだだけでお蔵入りとなっていたが、その一部、「出身地編」のようなものを山形在住の甥に送付していたらしい。

いとこ会の席上で甥から聞いた。
甥はこのいとこ会の幹事でもあった。

いとこ会は2008年だったが父はその2年ほど前に他界していた。


いとこ会から帰ってきて、自分は「自分史」のようなものは書けないが、ブログで自分史のようなものを残せないか。
日々、過ごしている日常やそのころ思ったことを何か記録として残しておくのも、有りだなと思った。

そして、帰ってきて、間もなく書き始めたという訳だ。

タイトルはレゾンデートル。

raison d'etre

フランス語だが、「存在価値・存在理由」と言った意味だ。
レーゾンは英語だとReason。(理由)
デートルは分かりません!(たぶん、そのことがあること・・の意)

「自分史」と自分が生まれてきた存在価値(少々大げさだが)といったものをダブらせたつもりだ。

b0158170_16034918.jpg
ブログには管理者用のサイトがあって、今まで何件登録したのかが分かる。
それによると10年間で798件の記事を書いたらしい。
1年で約80件。月にすると6~7件だ。

平均1件当たり400字とすると、約32万字。

まあよく書い(続いた)ものだ。

書いていると、絵日記のようなもので、その時の写真がその記事の内容を思い出させてくれる。
古い記事を見てみると、あれから早5年かとか、月日の速さに今更ながら驚く。

書くことは記憶にinputされる強さにも関係する。
まあ、ほどほどのノートレにもなっているかもしれない。

親父の「自分史」は生の原稿用紙なので処分にはばかるが、ブログはデジタル遺品なので処分するときは簡単だ。
ボタン一発で消滅する。


[PR]

by yahhosaito | 2018-08-05 16:04 | 日々 | Comments(0)