yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


1650年祭

2018年9月29日。

近くの前鳥神社で1650年祭というお祭りがあって雨の中出かけた。
地元の神社や近隣の神社からもお神輿が出て風情があった。

神社の役員であるW氏はかなり前から神輿の担ぎ手が集まるか心配していたが、なんのなんの大勢の担ぎ手が参集し威勢がよかった。
小雨が降るなか、カッパも着ず殆どずぶぬれ状態で盛り上がっていてなかなか素晴らしいものだった。

1650年祭という事は今から1650年前。つまり西暦380年ごろの話だ。
時代で言うと古墳時代。ヤマト王朝が出来たころ。

考えてみれば、人間が生まれ、社会が形成されてくるとまず出来てくるのは、人間(権力)の上下関係でリーダーとなる人と崇拝するあがめる対象かもしれない。

それは今各地にある典型的な寺社の建物に代表されるイメージでなく、もっと素朴な建物や対象物だったのかとも思う。

もっとも、607年には法隆寺の創建、752年には東大寺の大仏の開眼供養とあるから思ったより建物や仏像等の建立に力が入っていたのかもしれない。

いずれにしてもそんなに古くからこの地に歴史ある神社があったという事は地域の誇りだ。

b0158170_07571601.jpg
b0158170_08062890.jpg

大野誌にこう書いてある。

「例祭日 9月28日神輿渡御儀あり、例祭執行後、八興祭執行の上、氏子の青年により大太鼓、社銘旗を先頭に神職、氏子総代、大字総代、町代、奉賛会役員等前後に供奉して氏子一円を渡御するものにて、字大会原、合併神社日枝神社跡地に高竹4本を立て、注連縄を張り、神輿安置して神饌数台を供し、天下泰平、村内安全、五穀豊穣の祈願を行い、これより神社参道に入り粛々と進み神戸橋まで至る。

(これより奉楽)神戸橋より供奉の両側に整列して神輿とともに前進、神職氏子総代代表上下着してその中央を進み先導、尚警護として終戦時まで当年徴兵適齢期の若集10数人上古服裃を着し、両側に候して進み鳥居前に至れば神輿に木綿(白のさらし)長さ一反結び付けその先端を神職と裃の氏子総代二人にて持ちて拝殿まで誘導す。
この布を前の綱と言う。拝殿の前まで至れば総代以下供奉全員警護共新薦(こも)を両側に敷きて平伏して神輿拝殿前着御となる。着御と同時に撒餅式をなす。」とある。

昨日は久しぶりの快晴だったが、今日は雨の中の例大祭になった。
しかし、境内が雨にしっとりと打たれ、木々は緑を増して威厳のある祭りだった。


[PR]

by yahhosaito | 2018-09-30 08:06 | 地域 | Comments(0)

平成が生んだ短歌

2018年9月28日。

ここ何日か天候不順が続き、やっと今日は快晴になった。
富士山は昨日、昨年より27日も早く初冠雪となったとテレビが報じている。
確かに今朝見ると山頂付近の右側がうっすらと白くなって何か初冬を思わせる風景だ。

今年の夏はどこもかしこも猛暑を通り越し災害レベルの酷暑と言われた。
35度36度はざらで最高41.1度という新記録も作った。
海に近いこの辺は2,3度低いと言われるが、それでも35度くらいは普通に有った。

それが9月に入って一転し、昨日一昨日は11月半ばの気温だという。最高気温も20度にならなかった。
気候変動はじわじわと生活に及んでいるような実感を如実に感じる。


来年で平成も終わりだと何かにつけて報道される。
これから年末に向けて、一層この傾向は続くだろう。
平成最後の運動会、平成最後のクリスマス、平成最後の年末・・・

昨日の新聞に「平成が生んだ短歌とは」という記事が出ていた。
普段、短歌や俳句には殆ど関心(センス)がないが、たまにじっくる眺めているとなるほどなあと思う作品にたくさん出会う。

記事は、「平成という時代にはどんな短歌が生まれたのか。短歌の新しさとは何か・・」という始まりでいくつか紹介されている。

サラダ記念日が発刊されて、口語体の短歌が浸透し成熟。
その後、ニューウエーブ短歌と呼ばれる短歌が広まったという。
確かに季語がなく、軽やかに風俗を洒脱に読んだり、人生の苦悩や日常の生活の中の一遍をさらりと詠んだ歌も多い。
サラダ記念日は評判になったので買ってよく読んだ。
確かに衝撃的でもあった。


記事の中で「平成を振り返る短歌」として何篇か紹介されているが、気になったものを3つほど挙げるとすると次だ。


◇立ち直るために瓦礫を人は掘る 広島でも長崎でもニューヨークでも(三枝昂之『農鳥』)

◇ありがたいことだと言へりふるさとの浜に遺体のあがりしことを(梶原さい子『リアス/椿』)

◇二人子を亡くした母がわたしならいりません絆とかいりません(小島ゆかり『泥と青葉』)

いずれも災害に絡んだ歌だが、その光景を深く思うとご本人のどうにもならない気持ちがいたたまれない。

3篇目の「・・絆とか入りません」という歌は少しグサッと来る。

普段、地域でコニュニケーションが大事、いざとなったら大事なのはご近所、やっぱり絆が大事ね!と何かにつけて言っている身としては、堪える。

多分、ご本人も本当に絆がいりませんと思ってはいない。
でも、二人の愛する子供を亡くした母から見れば、絆を言う前に血を分けた自分の子供を返して欲しい。いりません!と2度も言うほど絆より深いものを失った悲しみを逆説的に言ったものだと思う。

次元が「絆」より二つも三つも違う話を詠っている(と思う)。

b0158170_08033287.jpg
平成が始まったときは今から30年前。連日のように昭和天皇の病状を報道していたのがついこの前のように思い出される。
それがあと半年で次の時代に変わる。

「明治は遠くになりにけり」
というフレーズがあるが、昭和生まれの身には、あれほど平成が「新参感」があった時代が過ぎ去ろうとしている。


昭和生まれの世代は平成生まれの世代にいろいろとうまく引き継いできたのだろうか。
自信がない。

社会に対しても我が子に対しても・・・

昨日ご近所から庭の萩を頂いた。
廊下の隅の籠に入れてみた。


[PR]

by yahhosaito | 2018-09-28 07:55 | 日々 | Comments(0)

災害想定  -あまり考えたくないが・・-

2018年9月17日。

今朝の新聞に富士山の噴火の記事が載っていた。
この辺も30cm以上の火山灰が降るという。

9月や1日11日15日。
現代俳句ではないが、もじっていうとこんな感じで、今年も9月半ば過ぎ。
1日は防災の日で、11日は同時多発テロ、15日は我が地区で敬老の日があり、実行委員長として大役が終わった。
ヤレヤレというところだ。
b0158170_07190719.jpg
それにしても、最近自然災害が多く、心配される。
台風21号では関西空港はマヒ、北海道の地震では40名以上が亡くなり、少し前の広島県大洪水では200名以上の方が命を落とした。
まだ、避難生活している人もかなりの数に上る。

宝永山が噴火したのは今から300年前。1707年12月だ。
16日間灰が降り続き、この辺は10cm以上。
農作物を中心に壊滅的な被害を受けた。

もし再度噴火すれば、この辺は30cmになる可能性があるという。

灰は厄介だ。
雪なら50cm積もっても10日もすればほとんど解けて水になって消える。
しかし、灰は時間が経てば固まるだけだ。
固まったらこれまた厄介で、除去にとても手間取る。

除去と言っても、17億㎥というとてつもない量が想定されている。
何処へどう運べばいいというのか。

鉄道は止まり、10cmになれば四駆でも走ることが出来ない。
下水管は詰まり、目やのどはやられ、電気や通信は途絶え、山麓に近い家は倒壊する。
備蓄は7日間と言うが7課では済まないかもしれない。
b0158170_07161597.jpg
10年ほど前にポンペイ遺跡を見たが、まさかあんなことにはならないだろうと思ってはいるが、最悪そんなことも・・・

暗い話だが、考えたくないが、その時のことを思えば、準備はしておかなくてはならない。

9月に入って、嘘のように涼しくなり、朝晩は寒いくらいだ。
広場の桜の葉っぱは地上に散り始め、我が家の狭い庭の梅の葉っぱもなんだかスカスカになってきた。
百日紅が最後の花を咲かせている。

近くの川の土手には真っ赤な彼岸花が咲き出した。
一面にはびこっている葛の葉をよく見れば赤紫の花を見つけることが出来るかもしれない。

鎌倉、宝戒寺の萩はそろそろ終わりだろうか?





[PR]

by yahhosaito | 2018-09-17 07:06 | 日々 | Comments(0)

台風21号

2018年9月5日。

台風21号が大阪に上陸し、猛威を振るった。

風速44m以上の状態で上陸する台風を「非常に強い台風」と呼ぶようで、今回の状態での上陸は25年振りと報じている。

大阪湾の高潮とも重なって被害は各方面に出た。
タンカーが関西空港へアクセスする橋に衝突し、交通が出来なくなった。
滑走路は海水に浸かり、海水でショートしたバッテリーが火災を起こし中古車100台以上が火災を起こしたり、車が横転したり、死者も出た。

この辺は台風の中心から遠いにも関わらず、かなりの風でおそらく雨も200mmくらいは降っただろう。

それにしても最近の異常気象にはすこしかなり心配になってくる。
今年の夏の暑さは記録ずくめだったし、(毎年記録ずくめが更新される!!)、最近の雨は70mm80mmは普通になってきた。
かつては50mm以上はバケツをひっくり返したような雨という表現で、めったになかった。

30年ほど前に伊豆からの帰り、50mm級の豪雨に会い、全く運転は不可。
道端に車を止め、収まるのを待った記憶がある。
それが、最近大雨と言うと50mm60mmが普通になった。
レーダーの観測によるとxxでは110mmの雨とか言っている。
b0158170_07081363.jpg
温暖化の影響か、地球がおかしくなってきているのが実感できる昨今だ。
古文書を紐解けばかつても大災害に見舞われたという記録が少なからずあると思うが、ここ2,3年の災害をみてもとても多いのが分かる。

一昨年の熊本地震では益城町や熊本城など大被害を受け、まだ多くの方が避難所生活をしている。
昨年の九州北部豪雨では死者行方不明者が40名以上。その後も台風5号や18号が日本列島を縦断、風や雨で多くの被害が出た。

今年の冬は記録的な寒波。全国的に大雪が降り、東京でも20cm以上の雪が積もった。
火山の噴火も御岳山はじめ、白根山や桜島が噴火。
そして、今年の6月には大阪で震度6の地震。ブロック塀が倒れ、小学生が犠牲になった。

今年7月は西日本豪雨で200名を超す方々が犠牲となった。
そして、今回の台風21号。

この辺はさほど被害はなかったと思われるが、昨年同様に稲が倒れて水に浸かるとまた厄介だ。

自然災害。
科学が進化する一方で、自然災害も増加の一途をたどっているように思える。
災害に備える。
当面、これしかない!!





[PR]

by yahhosaito | 2018-09-05 06:58 | 日々 | Comments(0)