人気ブログランキング |

yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


時代の変化 -いい時代に生まれて-

2019年2月25日。


先日、会社時代の先輩からメールを頂いた。

「我々の人生は、人類の歴史でも、最も幸福な実例である」
という内容。

つまり、我々世代は、長い歴史の中で、一番幸せな時代を生きてきたのではないかというもの。

具体的に、先輩は事例を挙げている。
その内容は「まさしく!」と日頃から思っている内容そのものだった。

例えば、
・世界第2次大戦やそれ以前の戦争で、親の世代や上の世代には大変であったが、我々は生まれていないか、幼くてあまり影響がなかった。
・戦後の混乱で生活は苦しく、ひもじい思いもしたが、それも長くは続かなかった。
・日本の高度成長期にあたったため、1960年代頃から生活がどんどん豊かになり、多くの日本人にとって、日本の歴史上、最高水準になった。
・エネルギー源が石油やガス、電気の時代となり、過去に例がないほど、エネルギーを有効活用出来た。
・科学技術や社会システム、更にはインタネットの進歩によって、社会生活や個人の生活が、格段に便利になった。
・整備された日本の健康保険制度や年金制度を活用出来、まずまずの暮らしが出来ている。
・その他・・・

確かに、その通りだ。
もちろん、例外もあったり、一部には年金受給が十分でなかったり問題はある。
しかし、総じていえば、とてもいい時代を生きて来たのではないかと思う。

会社時代を振り返っても、いい時代だった。
特に、自分がいた事業所は、大型のコンピューター製造メーカーだったので、まさにコンピューター発展の歴史を目の当たりにしてきた。

真空管やパラメトロンといった初期のコンピューターからトランジスターへ移行が始まり、更にLSI、超LSIといった技術核心の真っ只中だった。

性能は、2倍から10倍へ、10倍から100倍、1000倍、10000倍へと幾何級数的に進化した。
売り上げも、倍々ゲーム的な伸びで、とても勢いがあった。
そんな時代を共にしてきたのはまさに幸運としか言いようがない。

先輩は続ける。
この先の世代は、これからは化石エネルギーが涸渇し、我々の子孫は苦しむことになる。
これからの若い世代は十分には受給できない可能性が大。
平成は、停滞の時代であり、このまま推移すると、日本は後進国に落ちぶれるかも知れない。
しかし、仮にそうなるとしても、我々はその前に死んでしまい、悪夢は見なくて済む。

先日のY新聞に、平成の30年間は二つの歴史的な激動期の終焉から始まったとあった。
一つは、世界史的な危機の切迫が解決されたこと。
「ベルリンの壁崩壊で東西ドイツが統一」と「ソ連の崩壊」
もう一つは、「建国以来というべき産業の飛躍の最終期」
ということ。

5月から新しい時代が始まるが、この先どのような時代が来るのか嬉しいような怖いような・・
年寄りの老婆心?過大恐怖症?という事もあるが、付近の家が空き家で取り壊され、隣近所の付き合いが薄くなり、自治会等の役員のなり手が減り、色々な活動団体が衰退方向に向かっている現実を見ると、年寄ならずとも少々かなり心配になってくる。

Y新聞の記事はさらに伝える。
日本人は平成の直前頃から生き方を変え、大量生産・効率主義からの自発的な転換を図っていた。
物質の消費よりは情報の享受に関心を持ち、趣味・観光・スポーツなど文化活動により多くの時間を費やす傾向を強めてきた・・・
・・誇るべき国威が新たに芽生えているように思えてならない・・と。

まあ、そうした心配はあまりしなくてもいいか?

昨日、公民館のふれあい祭りが2日間にわたってあった。
最盛期の祭りからは少し縮小したような気もするが、まだまだ元気だった。
少し気を取り直した。

b0158170_07101754.jpg
ひな祭りももうじき。
このお雛様は娘の子供(孫)に使ってもらう事にした。
娘が生まれた昭和57年から30年以上我が家で3月を飾った。
一昨年、娘に娘(姫)が誕生し、良き時代を共にしたお雛様が新しい時代を共にすることになった。
ガンバレ!新世代!!





by yahhosaito | 2019-02-25 07:15 | 日々 | Comments(0)

早春の海

2019年2月22日。

知人から一冊の本、新書版を借りた。
『天災から日本史を読み直す』というタイトル。
著者は歴史学者で著名な磯田氏だ。

日本で起こった地震・津波・噴火など様々な災害が詳細に記されていてとても参考になる。

どこの記述も心に残るが、最後の方にこういう記述がある。

1946年に起こった昭和南海津波。

前略
地震の直後、気が付いたときはすでに潮が持ち上がっていて道路まで来ていた。
「これは津波かもしれん、逃げよう」と夫は言った。
夫が5歳と3歳の娘の手を引き、彼女(妻)は1歳の女の子を黒帯で包み背負った。
ところが、途中で津波の呑まれた。
胸までつかり、「背の子をしっかり押さえながら、死にのも狂いになって」電柱にしがみついたり家屋に逃げ込んだりするうちに夫とはぐれた。
高台に逃げようと小川の橋を渡ろうとするとき等々津波に体をすくわれて・・・後略

彼女は子供の名前を呼び続けた。放心状態になった彼女は誰かに体を抱えられ避難所の杉王神社に連れていかれた。
厳冬期12月の津波である。
わが子を失いずぶぬれになった彼女に声がかかった。
「寒いやろ、布団の中に入り」

私は歴史家としてこの時の会話を、後世に伝えたいと思う。

彼女はこういった。
「私はズブぬれやけん、よごすけん」

極限状態である。
何という人への優しさであろうか。
避難所に布団は少なく貴重なものだった。
きれいごとでは済まないことはいっぱい起こる。

しかし、優しさは確実に人に生きる力をもたらす。
彼女を心配する人が、「かんまん、汚れたら洗ったらええけん。」
と布団を重ねてすすめ、彼女は暖かさに包まれた。

「このご厚意は、私にとってどれほど嬉しかったことか。
今も亡くした子は、当時の年齢で私の胸に生きている。」
それから50年ほど生き、78歳になった彼女から出てきた言葉である。


久々にいい天気で暖かい。
妻を大磯の病院へ送って行くことになり、折角なので病院の帰りまで付近を自転車でグルグルすることにした。

b0158170_11433066.jpg
大磯の海岸に出た。
早春には少し早い海岸も日を浴びてきらきら光っていた。

最近、普段は電動自転車に乗っている。
今日は久々に、普通の自転車。

漕いでいる実感が伝わって、これもいいなと、改めて思った。



by yahhosaito | 2019-02-22 11:39 | 日々 | Comments(0)

久々の燻製

2019年2月18日。

先日、冬も終わりそうなので寒いうちに燻製作ろうと思い立ち久々にトライ。
肉屋でロース肉を500g買い塩つけにする。

いつもは三枚肉が多いが今回はロース。
三枚肉は脂が多く妻の評判が悪い。
b0158170_10140905.jpg
塩付け5日。風乾1日の所が忘れて3日の日干し。
その後、塩抜きをして燻煙にかかる。
燻煙器は次男が残していったバーべQのコンロ。中々調子よろしい。

60~70度で数時間の燻煙が目安だが、温度を測ると100を超えていた。
低温燻煙を冷薫、中温を温薫、高温を熱薫というが、熱薫になってしまった。
b0158170_10143782.jpg
まあ自分が食べる分にはいいだろう。
試食するとまずまず。
b0158170_10144950.jpg
今日は久々にいい天気で温かい。
外気温は朝9時過ぎで10度を超えている。
風がない分日差しが温かい。

あと、10日もすると弥生3月。
桜が来て、5月公園祭りがあって、あっという間に梅雨に入り、明けると猛暑。
残暑が来て、月見が来て、紅葉に、師走か・・・

この分では東京オリンピックも過去の話になる日が近い(かも)




by yahhosaito | 2019-02-18 10:28 | 日々 | Comments(0)

如月のころ

2019年2月13日。

数日前から真冬の寒さが続いている。
昨日は、朝、戸外の温度計がマイナス3度を指していた。
今日はこの時間、8時は5度を指している。
あと数日この寒さが続くと報道している。
b0158170_09261440.jpg
しかし、あと2週間すれば2月も終わり。
この寒さを楽しむくらいの気持ちで乗り切りたいものだ。

「経団連副会長6人内定」
と記事が出ていた。

現在の中西会長はH社の出身で同世代。
本社のどこかですれ違っていたかもしれない。

しかし、内定の6人と就任中の顔ぶれを見ると皆、年下だ。
68.65.67.64.66.64.71.67・・・
こんな感じで数歳若い。参った!
しかも、その肩書は立派だ。
会長はじめ、社長、相談役、特別顧問等々そうそうたるもの。

経団連だから当たり前といえばそれまでだが、皆、修羅場を乗り越えて今の立場にある人ばかり。
自分の年齢と比較し、世代は確実に次に移っていると感じられずにはいられない。

会社の後輩たちも60を過ぎて、あるものは退職し第二の人生へ。
あるものは会社に残り、要職へ。
しかし、役員になった後輩もすでに役員退任年齢を遥か前にすぎ、今は悠々自適というのが多い。

某先輩は定年して暫く会社勤めをした後、農業と環境の団体に入り、傍ら、俳句を長くやっている。
そして、70歳の時に「補〇線」という冊子(自分史に近い)を発行した。
100頁弱の立派な冊子だ。
b0158170_09290760.jpg
こんな立派なものは書けないが、ここに書く材料がたくさんあるというのは定年後も色々とやっていたからだろう。
経団連の委員のように日本を動かすことは全くもって無理だが、
万一、終活の一環として自分史を書くようなことがあったら
その材料がいくらかでもあればいいが・・・

まあ書か(け)ないな!
せめてこのブログがその代わりにでも・・・



by yahhosaito | 2019-02-13 09:35 | 日々 | Comments(0)