人気ブログランキング |

yahhoのレゾンデートル


 湘南の田舎から日々雑感
by yahhosaito
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


■富士山噴火と南海トラフ

2019年6月29日。

先日、藤沢のカルチャーの帰り、本屋で「富士山噴火と南海トラフ」という本を見つけ、早速読んでみた。
2019.5の発行の新書版だ。

富士山噴火のXデーは近いという。
特に、3.11以降いつ噴火してもおかしくない「スタンバイ状態」らしい。
また、3.11以降日本列島は今後数十年にわたって地震と噴火が止まない「大地変動の時代」に突入してしまったという。以降、ショッキングな話が並ぶ。

宝永噴火はマグマ排出量が富士山噴火史上2番目の大噴火だった。
本によれば、これと同規模の噴火が起きた場合、
①噴石被害:
死傷者13,600人。数cmから数mくらいの噴石が秒速100mくらいで飛んでくる。飛散距離は4~5㎞山麓の住民が被害にあう。

b0158170_11301831.jpg

②火山灰被害:
宝永噴火の際は火山灰と軽石が風に乗って東に飛散した。山麓では3m~1m、横浜で10cm、東京で5cm、10日以上も降り続いた。
火山灰といっても木や紙の灰とは違う。軽石や岩石が細かく砕かれたガラスの破片だ。
灰と呼んでいるのは、微細状で軽くて風に舞うから。
ガラスとは物質がきちんとした結晶構造を持たないものを言う。よって、結晶状よりもはるかに脆く割れると鋭い破片になる。

その被害は、屋根に積もると家が押しつぶされる。
特に雨が降ると灰にしみこみすごい重量になる。
水で流すと固まって始末に負えない。シャベルですくって袋に詰め他の場所に移すしかない。道路に積もった灰は下水道に入り配水管を詰まらせる。
水で流すと配水管を詰まらせる。
作物に積もると葉を枯らし生育しない。

フィリピンのピナツボ火山では噴火後大量の雨が降り多くの家が倒壊した。
風下にあった米軍クラーク基地は滑走路が全く使えなくなり他に移転を強いられた。
葉っぱについた灰は光合成を妨げ野山の草木は枯れ、農作物は壊滅状態だ。
火山灰が2cm積もると作物はほとんど枯れる。
稲の場合は0.5mmで1年間の収穫が不可能と言われている。
畜産でも牧草が枯れてしまうため配合飼料への転換が余儀なくされる。

ライフラインも致命的だ。
火力発電のガスタービンに灰が入ると設備が損傷する。
電線に灰が付着すると碍子から漏電し停電の恐れがある。
浄水場のろ過設備にもダメージを与える。
コンピュータも誤動作を起こす。
交通機関も大打撃を受ける。
1cm積もったら車は運転不可能になる。
飛行機も船舶も止まる。
エンジンの吸入口から児入り込んだ火山灰はエンジンの中に入り摂氏550度で溶け燃焼室から排気されると一気に冷え、固まって岩石になり、燃焼ガスの噴射ノズルをふさいでいく。
また、空は灰で覆われ暗くなる。

③溶岩流被害:
富士山からでる溶岩流は玄武岩質で粘度が低くさらさらしている。火山灰のように風に影響されず地形に影響される。11,000年前の噴火では愛鷹山はさんで東西に流れた。その長さは30km、幅は500~600mと言われている。三島駅を通り越し駿河湾まで流れた。
溶岩流は時間的余裕が少しあるので避難できる可能性が高い。
流れを爆薬を使って制御することもある程度可能なようだ。

④火砕流:
マグマ破片やガス、石片などが混ざって500度以上の高温で黙々と地表に這い出す。
時速100kmとも言われる。
普賢岳では43名の命が奪われた。

➄泥流:
泥流(土石流)とは土砂が水とともに斜面を流れ出す現象で流域の岩石等を巻き込んで猛烈な破壊力で下流を襲う。
数十年も続く場合もあり大きな被害を及ぼす。
30代のころ読んだ三浦綾子の小説「泥流地帯」は十勝岳の噴火で起こった泥流がテーマで、苦しい開拓と貧困を乗り越え、真面目に生きる家族の姿に感動したことを思い出す。

我が家2階から富士山がよく見える。
こんな美しい富士山が噴火するなど考えたくないが、噴火は3年先か10年先か?30年秋か?
災害は必ず起こる。

b0158170_11295897.jpg
地震は耐震補強されていればある程度は安心だが、降灰は地域全体に等しく被害を及ぼす。

まず、自衛が大事だ。
国や市に期待するのはある程度時間がたってからだと思う。

となると自衛しかない。
まず、安全確保と食料の確保。
我が家2人はokだが子供や孫が心配。
啓蒙が大事だ。
スマホやパソコンでウハウハしている場合じゃない!
皆、決戦に備えよ!?
常日頃から準備している人は多いと思うが、年1~2回は再点検が必要。

本読んで少し暗くなってきた! 

暗いはずだ。梅雨で雲は厚く雨が降っている。
快晴になり明るくなることを期待しよう・・・! 

ところで、
我が家2階から見る富士山は絶景であるが、家が建つことになった。
もともと市街化調整地区なので、50年来開発とは無縁で昭和の景観を保っていたのだが、もともとあった借家が取り壊しになり、家が建つらしい。

すると、たぶん2階家だから眺望が一変するかもしれない。
我が家は少し高い位置にあるがどこまで見えなくなるか。
手前の山が半分以上隠れるだろう。
イヤ、ザンネン!!
手前の山までの距離感(空気感)が何とも言えなかったのに・・・

                             



by yahhosaito | 2019-06-29 11:40 | 日々 | Comments(0)

空港ピアノ

2019年6月18日

最近のBS番組の中に「空港ピアノ」の言うのがある。
空港のロビーに置かれた1台のピアノ。世界中から訪れた人々が、思い思いに音を紡いでいく。
どんな曲をどんな思いで弾いたのか。定点カメラが見つめる。

日本にあるのかは不明だが世界の主要都市の空港に置かれているようだ。
ニューヨークだったりミネアポリスだったりロンドンだったりマルタ島だったり・・。
それぞれピアノ演奏に自信のある人・ない人が思い思いに弾いていく。
たぶん番組収録はあるレベルの力量の人を中心に放送していると思うがなかなか興味深い。

番組では演奏者のインタビュー?結果を字幕で紹介している。
その経歴やピアノにかかわった経緯などを短く紹介してくれるのだが、これがそれぞれの人生そのもので涙ものだ。
弾く人はさまざまで旅行中の夫婦、バカンスで訪れた恋人同士、卒業旅行の女学生、空港の職員や売店のおばさん、靴磨きの初老の人・・短いインタビューの中でそれぞれの人生が垣間見えるような気がする。

フライトが終わった操縦士はいつも仕事帰りにピアノをここで弾くのだそうだ。
彼はもともとセルビア人で母国でパイロット免許を取得したが内戦で母国を離れアメリカへ来た。
そこで再度免許を取ったが9.11で失業、やっと2年前に現在の航空会社に再就職。
いつもそばにピアノがあったという。

b0158170_06274378.png
                        写真;webサイトから

靴磨きの黒人男性は数年前まではキャバレーでバンドマンをしていたが失業し今は空港で靴を磨いている。
ピアノはなかなかの腕前。

5歳でアフガニスタンから移住してきた男性。
両親は清掃や建設業などを掛け持ちで働いて兄弟を育てた。
兄が50ドルでボロボロのピアノを買ってくれて14歳から独学でピアノを習った。
今でも楽譜は読めないらしいがリストの難曲ラ・カンパネラを見事に弾いた。
「学生ローンを組んで大学を卒業、親たちは大変な思いをして僕たちをよい仕事に就かせてくれた。
チャンスをくれたアメリカに感謝している。みんな時間を大切にしてよりよい人生を築く努力が必要だと思う」
と彼は言った。

アルコールや薬物依存の治療で各地を転々とした男性。
数年前にミネアポリスの施設に来た。
仕事の人間関係に悩み20代で依存症になり離婚と解雇で依存に拍車がかかった。
1年前に社会復帰し施設で知り合った彼女が心の支えになったという。

ピアノの先生、双子の姉妹、花屋の女主人・・・100人いれば100人の人生がピアノを通じてある。
それにしてもピアノが生活の一部になっている人自由に弾ける人の多さに驚いた。

自分はピアノを弾けない。
心のままにピアノが弾けたらどんないいかと思う。
我々の子供のころはピアノは贅沢品でピアノがある家庭は1クラスに数えるくらいだっただろう。
それが今では多くの家庭にある。
我が家も双子の娘たちが小学校に入るころに買った。
ちょうど物品税が廃止され消費税に移った直後だったので、15%(20%?)くらいあった物品税が3%の消費税で済んでかなり得したことを覚えている。

娘たちも10年くらいは習ったと思うが、今は結婚しピアノは実家に置いて行ったままだ。
たまに帰ってきたとき、ピアノの前に座ることはまずない。
やがて子育てが一段落したら弾いてくれると弾けないお父さんは思う。

ピアノに限らず何でもそうだが生の音にはどんな再生装置でもかなわない。
ハンマーが弦をたたく音はスピーカーのコーンから出る音とは別物だ。
我が家のピアノはいい音がすると調律師が褒めた。
次回も彼に頼もう!

魂の彷徨うがままにピアノが弾けたらどんなに良いかと思う。
かつてギターを少し習った。
禁じられた遊びを卒業しアルハンブラの思い出を少しかじった。
今は全く指が動かない。
でもたまに陶酔するがごとく弦を弾く姿を夢に見ることがある。
どこかに願望の潜在意識があるのかもしれない。

番組では同時に空港ピアノがある都市の紹介もしてくれる。
これがまた素晴らしい。
空港に集う旅行者とともに付近の都市の紹介されるが旅心を大いにくすぐられる。

空港にピアノを置こうと考えたのは誰の発想だろう。
Goodideaだと思う。自分も弾く才能があれば弾いてみたい。

ピアノと英語が話せる人を躊躇なく尊敬してしまう。
習うのが遅かったか!とこの年になって思う。
今からでも出来るかも知れない。でもfightが湧かない。チト情けない。

今はいい時代になった。
父母の時代とは違いやろうとすれば何でもできる。
しかし、平和で安寧の中にいるとハングリー精神が欠如し、チェレンジ精神が起きにくい。
(反骨?精神を蜂起させる)「ストレス」とはもしかしたらプラスイメージの言葉かもしれない。             








by yahhosaito | 2019-06-18 06:41 | Comments(0)

高齢化

2019年6月7日。


最近思う。

「高齢化でこれから先、大変だな!」・・・

サラリーマンが地域の役をやるのは多くが現役世代を超えてから。
今までは60歳を過ぎてからが一般的だったが、最近は年金の支給がずれ込んでいるから定年延長で65歳くらいまではかなりの人が働く。
いや、65歳でなく、最近は70歳くらいまで仕事している人が半数近くいるらしい。

すると、役が出来るのは65~70歳を超えてから。

しかし、65~70歳という年齢はそれまで頑張って働いてきた人にとっては、やっと自由になれた時間、しかも、あと自由に楽しめる期間は5~10年だから、自分のために有効に使いたいと思う人が多いだろう。
もう、色々縛られてやるのは十分すぎるほどやってきた・・


確かに自分の周りを見ても、まったくのフリーでいる人は半分以下だ。
みな、週何回かは仕事に出て、お小遣い程度を稼いでくる。
週3回も出れば5~6万円も収入がある。おじいちゃん1か月のお小遣いとしては十分だ。
ゴルフだってテニスだって月2~3回は行けるだろう。
飲み会だって会社時代のように1回数千円もかからない。
送別会も歓迎会も殆どない。
地元の仲間で月数回飲むだけ。飲み代はかつての1/3以下だ。

という訳で、役を引き受ける人がいなくなった。

自治会長しかり、社協役員しかり、民生委員しかり・・・

地域や社会のために貢献しようという意識も減ってきたのだろうか。
いや、そのチャンスがないのか・・

仮に70歳から役を引き受けるとなった場合、せいぜい5年。
75歳になったらさすがに少ししんどいと思うかもしれない。
ただ、今の役員を見ていると75歳以上でも元気な人は役を立派にやっている。

中々辞めさせてくれないというのが本当のところかもしれないが、それでもこの頑張っている人だってあと数年すれば体力的にリタイアだろう。
その時に後任はいるのだろうか? 問題の先送りをしてはいないだろうか。

b0158170_12195987.jpg

我が地区では2年ごとに自治会長が替わる。
その人選にいつも一苦労だ。

仮に見つからないとすると、どうなるのだろう。
空席になったとき、自治会機能はどう維持するのだろうか。

無くなると何が困る?
ナニ困らない!?

回覧版が回らない。
盆踊りや運動会などの地域行事が成立しない。
ゴミ当番や地域清掃など地域協力が成り立たない。
何かあったとき対応するキーマンがいない・・・

そうなったとき、どうなるか。

回覧版はネットや業者のビラ入れで何とかしのげる。
ゴミや清掃などはその分高くなった税金を使って専門業者が行う。

すると、一番の問題は近隣との関係、コミュニケーション、普段のお付き合い、相互協力といったものだろう。

いや、今だって余りない所もある。
平日は夫婦共稼ぎで不在。たまの休みは外出でお隣さんとのお付き合いはほとんどなし。
地域と付き合うより趣味の仲間や気の合う者同士で付き合う。
なんだかこんな感じが増えてきた。

元気なうちはよいが、体の具合が悪くなった時は不安だ。
頼りになるこどもや親族が近くにいればいいが、これからは少子化などで近くにいるケースは少なくなってきた。
元気なうちはいいが人々は孤立し何かあったとき頼れるのは救急車と保険会社。
それでは困る。
やはり、頼りになるのは、遠くの親戚より近くのお隣さん。

高齢化で困っている事例、このほか色々ある。
農家は跡取りがいなく、田畑が耕作できない家庭が増えた。
今まではジジババが何とかしのいできたが、ジジババも80を過ぎ残ったのは跡取りの娘とその婿さん。
息子でもいればまだいいが、いても自宅でなくいるのは都会。
よって田畑は他人に耕作してもらっているのが現実だ。

そりゃそうだ。
第一、子供の数が1人や2人ではそうなるのは必須だ。
その内どうなるのだろう。

空き家になった家もとても増えた。
しかも空き家はなかなか売却できない。
我が家の近所でもそんな空き家が点在している。

まだまだ、問題はある。
8050どころか9060で困っている家庭もある。
気になる記事が新聞に多数出ている。

1億2000万人が1億を切ったらどうなるか?

地域が仲良くしていくことが一番。
役を引き受けてもらうしかない・・

アー、なんだか暗くなってきた。
雨だ。いよいよ梅雨か。
暗くなってきたわけだ。







by yahhosaito | 2019-06-07 08:13 | 日々 | Comments(0)

身延サイク

2019年6月3日。


先日、日帰りで身延サイクに出かけた。

甲府から身延まで焼く50km。幾分下りだ。

厚木で合流し、そこから圏央道を甲府目指して走る。
約100km、7:45分に厚木を出て甲府に着いたのは8時半ごろ。
圏央道は意外と朝早くから混んでいた。

身延線の東花輪という駅前の駐車場に車を止め、そこから自転車を組み立てる。
厚木辺りは曇っていたが、花輪を出る9時にはすっかりいい天気になり太陽がさんさん。
気温は25度くらいで爽快だ。

R52はかなり交通量が多く、神経を使ったがマズマズは快適な走り。
遠くに南アルプスの雪景色が見えていい気分だ。

北イタリアの山岳部と言いたいところだが、少し絵が違う。

b0158170_07280087.jpg

左に富士川を見ながら快適に走る。
途中にハンコの街「六郷」というのがあり、丁度、博物館のようなものがあったので寄ってみる。

b0158170_05555951.jpg
象牙や水牛のハンコに混ざって竹のハンコがあって小さくてかわいかった。

ハンコは朱の朱肉というものがいい存在感を示していると改めて思った。
これが朱でなく紫だったりしたら、これまたハンコの印象がだいぶ違ったものだるなと思う。

カミサンが「絵手紙」をやっているので、描いた後「雅印」を押す。
この種の雅印が結構いい味を出す。
書の雅印もそうだ。
全体が引き締まり、グレードも1~2段上がったように見える。
そんなことを思いながら、ハンコ博物館を20分ほど眺める。

R52から少しわき道にそれ、のんびりと走る。
さすがに向井順吉の絵に出てくるような農村風景は無くなってしまったが、田や畑は相変わらず昔のままだ。
この辺りは田植えがすっかり終わり、一面に水をたたえていた。

身延山への上りは200m近くある。
それも結構な急坂。
やっとのことで登り切り、奥の院までは空中ケーブルで行くことにした。
さすがに地に足が付いていないとあまりいい気持ちはしないが、まあ、何十年も無事故出来ていると思うので身を任せていれば7~8分で山頂へ。

肝心の身延山寺院はほとんど見ずに奥の院だけで下山。

少々心残りだが、帰りの時間、身延駅発15:07特急に間に合わせた。
あっという間に東花輪の駅に着き、車に乗り換え帰途に。

帰りは精進湖経由。
高速は東名を一部使っただけで、8割がた一般道。
普通なら3000円近くかかるものが、850円で済んだ。

そこで思った。

少し遠くに行くとき、高速を使いすぎないか!?
確かに便利で速いが、時と場合によっては一般道もいいのではないか。

安い。
時間は地方なら高速1時間の所、1.3~1.5倍の時間で着く。
8時出発して10時につくところ、10時半か11時には着く。
高速はひたすら走るだけだが、一般道の下道は結構面白い発見がある。
これから下道もチョイスの一つだなと思った。

1年前、三春の滝桜を見に行った時、軽で名古屋から来ていた夫婦が下道出来ましたと言っていた。
途中で車中泊をしながら来たそうだ。
なるほど。
これも旅の楽しみかもしれない。

久々の自転車なので少々疲れた。
もう年も年。
あと何年乗れるのか。

運転免許返上のニュースがTVで流れている。
自転車はその点いいのだが・・・




by yahhosaito | 2019-06-07 07:35 | 旅・サイクリング | Comments(0)